日本民俗学のエッセンス : 日本民俗学の成立と展開

瀬川清子, 植松明石 編

本書は、日本民俗学の研究史上、重要な研究者18人をえらんで、その研究と方法を示し、それを中心に、日本民俗学の成立、展開の理解にせまろうとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治以前の民俗研究
  • 2 日本民俗学の胎動
  • 3 南方熊楠
  • 4 柳田国男
  • 5 高木敏雄
  • 6 中山太郎
  • 7 伊波普猷
  • 8 金田一京助
  • 9 比嘉春潮
  • 10 折口信夫
  • 11 早川孝太郎
  • 12 柳宗悦
  • 13 大間知篤三
  • 14 久保寺逸彦
  • 15 石田英一郎
  • 16 桜田勝徳
  • 17 倉田一郎
  • 18 山口貞夫
  • 19 堀一郎
  • 20 和歌森太郎
  • 21 瀬川清子
  • 22 渋沢敬三
  • 23 有賀喜左衛門
  • 24 岡正雄
  • 25 宮本常一
  • 26 沖縄の民俗研究史
  • 27 日本民俗学の動向と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本民俗学のエッセンス : 日本民俗学の成立と展開
著作者等 植松 明石
瀬川 清子
書名ヨミ ニホン ミンゾクガク ノ エッセンス
書名別名 Nihon minzokugaku no essensu
シリーズ名 ぺりかん・エッセンス・シリーズ 11
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1979.9
版表示 増補版
ページ数 406p
大きさ 21cm
ISBN 4831506370
NCID BN01020268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79031377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想