今昔物語集

日本文学研究資料刊行会 編

この本の情報

書名 今昔物語集
著作者等 日本文学研究資料刊行会
書名ヨミ コンジャク モノガタリシュウ
シリーズ名 今昔物語
日本文学研究資料叢書
出版元 有精堂
刊行年月 1970
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 4640300239
NCID BN01017795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75020701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「今昔」考 : 説話の時制と文体 春日和男
デカダンスの日本的形態 : ことに今昔物語集の説話について 楠山正雄
フランス十三世紀の伝綺物語"ポンチュー伯の娘"のテーマについて : 説話の比較についての試み 佐藤輝夫
今昔物語の作者と成立 永井義憲
今昔物語の問題点 益田勝実
今昔物語の研究 赤峯太郎
今昔物語成立年次覚書 : 小野博士所説について 片寄正義
今昔物語鑑賞 芥川 竜之介
今昔物語集と古本説話集について 川口久雄
今昔物語集における欠文の研究 馬淵和夫
今昔物語集における説話的発想 西尾光一
今昔物語集に於ける和漢両文脈の混在について 山田巌
今昔物語集の伝本に就いて 丸山二郎
今昔物語集の作者を廻って 今野達
今昔物語集の価値 山岸徳平
今昔物語集伝本考 馬淵和夫
今昔物語集巻十五の編纂意識について 中野猛
今昔物語集成立時「保安元年以後説」についての一傍証 : 「巻二十七第三十七話」の欠字箇所の考察 橘健二
古本説話集の成立と宇治拾遺物語 野口博久
宇治大納言をめぐる 長野甞一
宇治拾遺物語の評価についての一考察 国東文麿
宇治拾遺物語考 佐藤誠実
小説史より見たる今昔物語集 岡一男
打聞集と宇治拾遺・今昔物語の関係 片寄正義
欠文の語るもの : 今昔物語集研究の序章 池上洵一
藁しべ長者と蜂 柳田国男
説話文学に於ける知足院関白の地位 池田亀鑑
説話文学の本質 : 「今昔物語集」をめぐって 永積安明
説話文学の特性 池田亀鑑
説話文学の用語 : 主として今昔物語集について 岩淵悦太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想