膜の化学

妹尾学 著

本書の主題である膜は、新しい機能性材料としていろいろの分野で注目されている。仮想された機能を持つ膜が現実につくられていった経緯は、まさに化学の着実な発展を物語るものである。現在、膜に更に高度の機能、例えばエネルギー変換機能や情報の受容・伝達機能などが求められている。生体における膜の働きをまのあたりにみると、これらの希望が決して夢ではないことがわかってくる。膜の機能性についてどのように発想を展開すべきか詳細に検討することによって、これからの膜の進歩の基礎がつくられていくであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 膜とは
  • 2 合成膜の構造と分離機能
  • 3 物質輸送・変換における膜の働き
  • 4 情報処理における膜の働き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 膜の化学
著作者等 妹尾 学
書名ヨミ マク ノ カガク
シリーズ名 新化学ライブラリー
出版元 大日本図書
刊行年月 1987.3
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 447714606X
NCID BN01013932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87029902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想