累積債務の政治経済学

中村雅秀 編著

本書は、累積債務問題を軸にして、今日の危機構造を世界体制に逆照射しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 援助の金融化と債務累積
  • 第2章 国際的過剰貸付資本と債務累積
  • 第3章 大恐慌下のデフォルト問題
  • 第4章 IMF体制と債務累積
  • 第5章 多国籍銀行の動向と日本の債権大国化
  • 第6章 ラテン・アメリカNICsの債務累積
  • 第7章 韓国の経済発展と債務累積
  • 第8章 ヘゲモニーの後退とアメリカの債務累積
  • 終章 1986年、もう一つの危機-フィリピン革命の意味するもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 累積債務の政治経済学
著作者等 中尾 茂夫
中村 雅秀
奥 和義
山岡 隆夫
板木 雅彦
櫻井 公人
神沢 正典
羽鳥 敬彦
書名ヨミ ルイセキ サイム ノ セイジ ケイザイガク
書名別名 Ruiseki saimu no seiji keizaigaku
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1987.5
ページ数 261p
大きさ 22cm
ISBN 4623017427
NCID BN01013229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87037885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想