ヨーロッパ文明史

フランソワ・ギゾー 著 ; 安士正夫 訳

ローマ帝国の瓦解からフランス革命にいたるヨーロッパ文明にみごとな歴史的展望を与え、また文明の構造を明示した本書は、著者の想像力の卓越と知能の力の結晶である。各国語に訳され、わが国では明治維新以後の知的風土のなかで、「文明開化」への飢渇感を癒すものとして数種類もの翻訳が出版された。福沢諭吉の『文明論之概略』の成立に大きな刺激を与え、それはまた西郷隆盛にも感銘を与えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパ文明史
  • 古代文明の単一性
  • 事実と教義の必然的契合
  • 宗教は聯合の一原理である
  • 12世紀および18世紀における自治体の状態の比較概観
  • ヨーロッパおよび世界の歴史における王権の重要なる役割〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ文明史
著作者等 Guizot, François
安士 正夫
安土 正夫
キゾー フランソワ
書名ヨミ ヨーロッパ ブンメイシ
書名別名 Histoire de la civilisation en Europe. 6.éd

ローマ帝国の崩壊よりフランス革命にいたる
出版元 みすず書房
刊行年月 1987.4
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4622006227
NCID BN01012780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87035430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想