近代ヨーロッパ法社会史

上山安敏 編

[目次]

  • 第1章 法律学の形成と学識法曹階層の社会的進出
  • 第2章 イングランドにおける学識法曹の形成
  • 第3章 伝統社会における夫婦形成と16世紀婚姻法改革
  • 第4章 近世ドイツの裁判所の身分制的「構造」
  • 第5章 プロイセンの法と国家
  • 第6章 18世紀都市秩序の中の手工業者
  • 第7章 18世紀フランスの国王・法・法院
  • 第8章ドイツ歴史法学派の成立
  • 第9章 7月王政期のフランス法学と法学教育
  • 第10章 ドイツ官僚法学の形成と国家試験
  • 第11章 ドイツ第2帝政期の公法学
  • 第12章19世紀後半のドイツ社会と民法典
  • 第13章 第2帝政期ドイツにおける「合法的正当性」論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ヨーロッパ法社会史
著作者等 上山 安敏
佐野 誠
吉川 直人
平田 公夫
河上 倫逸
波多野 敏
牟田 和男
石井 三記
西村 稔
野上 博義
黒田 忠史
深尾 裕造
書名ヨミ キンダイ ヨーロッパ ホウシャカイシ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1987.4
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 4623017451
NCID BN01008637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87033164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想