近世賤民社会の基礎構造

荒井貢次郎 著

幕藩体制下の被差別社会を法制史・法民俗からえぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説-従来の諸研究と本研究の問題視角
  • 第2章 東日本の被差別社会の形成過程(幕藩体制初・中期の江戸の賎民形態
  • 賎民伝承の背景
  • 賎民部落の近代的変容-江戸から東京へ
  • 関東の賎民統制の特質-甲斐及び武蔵
  • 江戸時代の番非人とその欠落
  • 伊豆の賎民観とその系譜)
  • 第3章 差別構造の展開(東日本の賎民差別資料の考察
  • 西日本の賎民差別と禁忌)
  • 第4章 結語(東日本の幕藩体制と被差別社会の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世賤民社会の基礎構造
著作者等 荒井 貢次郎
書名ヨミ キンセイ センミン シャカイ ノ キソ コウゾウ
出版元 明石書店
刊行年月 1987.3
ページ数 426p
大きさ 22cm
NCID BN01005581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87029715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想