精神分析学の誕生

L.シェルトーク, R.ド・ソシュール 著 ; 長井真理 訳

これまで日の目を見ることのなかった膨大な量の資料を収集し、フランス精神分析学界の重鎮とその協力者が長年月かけて完成させた精神分析学成立史。メスメルからフロイトにいたる力動精神医学の過程をたどり精神分析誕生の歴史的背景を明らかにすると同時に、この背景の前にフロイトを置くことによりフロイトの独創性を浮き彫りにする。単なる精神分析学前史にとどまらず、独特の奥行きをもつ歴史批評的フロイト論となっている。フロイト思想に新たな光をあてる注目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 対象関係(動物磁気における対象関係
  • 催眠術の時代における対象関係
  • 精神分析の誕生
  • シャルコーとフロイト)
  • 第2部 無意識の発見(観念学派のいう自動症
  • 磁気術師たちによる無意識の研究
  • 無意識と心理学者たち
  • 無意識と催眠
  • フロイトの発見)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析学の誕生
著作者等 Chertok, L.
Chertok, Léon
Saussure, Raymond de
長井 真理
ソシュール R.ド
シェルトーク L.
書名ヨミ セイシン ブンセキガク ノ タンジョウ
書名別名 Naissance du psychanalyste

メスメルからフロイトへ
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.3
ページ数 297, 30p
大きさ 19cm
ISBN 400001174X
NCID BN01005424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87030589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想