日本前近代の国家と対外関係

田中健夫 編

封建国家の対外政策、蝦夷・対馬・長崎・琉球を媒介としたロシア・朝鮮・中国・韃靼・オランダなど異国・異域との文化・貿易・通交・相互認識などの論点を整理。新たな研究方向を指示した第一線研究者による野心作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 封建国家と対外関係(足利将軍と日本国王号
  • 武家外交の成立と五山禅僧の役割
  • 関白外交体制の特質をめぐって
  • 豊臣政権の第2次朝鮮侵略と大名領国の対応-島津氏の場合
  • 日本近世の統一と韃靼
  • 異様の船-水野政権下の軍船問題
  • 明治維新期の日朝外交体制「一元化」問題)
  • 第2部 対外関係の諸相(8・9世紀の日羅関係
  • 朝鮮に大蔵経を求請した偽使について
  • 朝鮮遣使ブームと世祖の王権
  • 琉球国における明末清初の朝貢と薩琉関係
  • 連合オランダ東インド会社の戦略拠点としての平戸商館
  • 初期の未刊唐蘭風説書と関連史料-幕府の海外情報管理をめぐって
  • 1862年幕府千蔵丸の上海派遣)
  • 第3部 異域と辺境(蝦夷地第1次上知の政治過程
  • 箱館奉行の基本性格について-黒印状・下知状の分析
  • 寛政改革期の幕府・対馬藩関係
  • 文久3年対馬藩援助要求運動について-日朝外交貿易体制の矛盾と朝鮮進出論
  • 琉球王国における王府制度の特質-辞令書に見るヒキと庫理に関する覚書)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本前近代の国家と対外関係
著作者等 三鬼 清一郎
中村 質
加藤 榮一
北島 万次
喜舎場 一隆
安達 裕之
春名 徹
木村 直也
村井 章介
田中 健夫
田中 博美
石井 正敏
紙屋 敦之
荒野 泰典
菊池 勇夫
藤田 覚
高橋 公明
高良 倉吉
鶴田 啓
書名ヨミ ニホン ゼンキンダイ ノ コッカ ト タイガイ カンケイ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.4
ページ数 760p
大きさ 22cm
ISBN 4642012702
NCID BN01004261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87033051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想