中国核大国への道

平松茂雄 著

中国の軍事戦略はどのように変化してきたか。彭徳懐・毛沢東両路線の確執を中心に、中国の国防の推移を実証的に探求した基本文献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 中ソ同盟下の中国の国防建設(彭徳懐と解放軍の近代化
  • 戦略・国防論争)
  • 第2部 過渡期-1957年の中共中央軍事委員会拡大会議(国防建設の実績と課題
  • "経済調整"と"勤倹建軍"
  • 毛沢東軍事路線の復活)
  • 第3部 ミサイル核兵器の開発と人民戦争(ミサイル核兵器の開発
  • "大躍進"と毛沢東軍事路線への回帰
  • 彭徳懐の国防部長解任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国核大国への道
著作者等 平松 茂雄
書名ヨミ チュウゴク カクタイコク エノ ミチ
書名別名 Chugoku kakutaikoku eno michi
出版元 勁草書房
刊行年月 1986.10
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 4326300477
NCID BN01002812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87002748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想