日本の映画

瓜生忠夫 著

[目次]

  • 目次
  • 観客の声 / p1
  • 世論調査から / p2
  • 働く者の声 / p20
  • 母の発言 / p34
  • --「母もの」映画批判の座談会--
  • 子どもの討論会 / p52
  • 「子どもの討論会」についての対話 / p67
  • 〝日本映画〟をもとめて / p83
  • 日本映画の振幅 / p84
  • 興行からみた三つの典型 / p84
  • 「君の名は」とその祖先たち / p87
  • 「ひめゆりの塔」の新しさと限界 / p100
  • 分水嶺「二十四の瞳」の功罪 / p106
  • 浅草と大船調 / p115
  • 浅草に灯がともると / p115
  • 浅草の好みの上に / p118
  • 大船調と日本の社会 / p122
  • 幸福・愛情・善意について / p129
  • 未完の愛情 / p129
  • 暗い谷間の青春 / p132
  • 貧しい恋人たち / p134
  • 夫婦三部作 / p140
  • さまざまな愛の悲劇 / p144
  • 庶民の願い / p149
  • なぜ「浮雲」に惹かれる? / p151
  • みんな、わてが悪いのやなあ / p156
  • 人間の生き方について / p158
  • 「生きる」の思想 / p158
  • 孤独な侍たち / p165
  • 「死の灰」と本能 / p169
  • 封建性への抵抗 / p172
  • 資本主義への批判 / p177
  • 独立プロを生んだもの / p181
  • 大衆と組織のなかで / p184
  • 芸術家と大衆 / p187
  • リアリズムの発展 / p190
  • 自然主義と大船調 / p190
  • 松竹資本の重さ / p196
  • 「近松物語」の自然主義 / p199
  • 「真空地帯」の壁 / p206
  • 時代劇と想像の自由 / p208
  • 教育映画とリアリズム / p210
  • むすび-鑑賞と批評 / p215

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の映画
著作者等 瓜生 忠夫
書名ヨミ ニホン ノ エイガ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1956
ページ数 220p 図版 表
大きさ 18cm
NCID BN0100238X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56006735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想