空間<機能から様相へ>

原広司 著

建築の話はわかりにくいという好ましくない定評があるが、本書もまたこの定評をやぶることはできそうもない。勝手な言い分かもしれないが、できることなら、本書を建築の書と考えていただかない方がよい。それでは何について書いているのかと問われれば、その答も難しい。私としては、空間的体験についてのわずかばかりの考察をまとめたのではないかと考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 均質空間論
  • <部分と全体の論理>についてのブリコラージュ
  • 境界論
  • 空間図式論
  • 機能から様相へ
  • <非ず非ず>と日本の空間的伝統

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空間<機能から様相へ>
著作者等 原 広司
書名ヨミ クウカン キノウ カラ ヨウソウ エ
書名別名 Kukan kino kara yoso e
出版元 岩波書店
刊行年月 1987.3
ページ数 282, 14p
大きさ 21cm
ISBN 4000004352
NCID BN00998486
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87032180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想