人格との関係からみたパラノイア性精神病

ジャック・ラカン 著 ; 宮本忠雄, 関忠盛 訳

パラノイアとは、"内的原因に発し、一貫した経過を示しつつ緩慢に発展する持続的で揺るぎない妄想体系で、その際、思考、意志および行動における明晰さと秩序が完全に保持されている疾患"である。精神病の理念型とでもいうべきパラノイアの問題へと気鋭の精神科医ラカンの関心が向かい、一挙に研究の飛躍をもたらしたのが1932年刊の本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問題の理論的・教義的位置(パラノイア性精神病群の歴史的形成
  • 心理学的人格について批判
  • 人格発展としてのパラノイア性精神病の考想
  • パラノイア性精神病を器質的過程によって引き起こされるものとみなす考想)
  • 2 症例〓エメ〓あるいは自罰パラノイア(症例〓エメ〓の臨床的検索
  • 症例〓エメ〓の精神病は器質-精神的〓過程〓を表しているのか
  • 症例〓エメ〓の精神病は生活上の葛藤や特定の情動的外傷に対する反応を表しているのか
  • エメの人格の構造の異常と発達の固着がこの精神病の一次性の原因である)
  • 3 人格の科学の方法と精神病の研究におけるその射程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人格との関係からみたパラノイア性精神病
著作者等 Lacan, Jacques
宮本 忠雄
関 忠盛
ラカン ジャック
書名ヨミ ジンカク トノ カンケイ カラ ミタ パラノイアセイ セイシンビョウ
書名別名 De la psychose paranoiaque dans ses rapports avec la personnalité
出版元 朝日出版社
刊行年月 1987.4
ページ数 420, 11p
大きさ 23cm
ISBN 4255870012
NCID BN0099795X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想