省察と箴言

アウグスティヌス 著 ; ハルナック 編 ; 服部英次郎 訳

[目次]

  • 內容
  • 序言 / p3
  • 序說 / p13
  • 一、人となり / p25
  • 「告白錄」とアウグスティヌスの發展の經路〔二〕-〔一六〕 / p0
  • 彼の批判者に対する態度〔一七〕-〔二一〕 / p0
  • 自己批判と「再論」〔二二〕-〔三七〕 / p0
  • 友人に對する態度〔三八〕-〔五一〕 / p0
  • 司敎として〔五二〕-〔五三〕 / p0
  • 二、哲學者と敎師として / p63
  • 認識の問題〔第一哲學〕-懐疑、實在、眞理〔五四〕-〔六三〕 / p0
  • 信仰、認識、妄想‐實在と眞理との確立〔六四〕-〔八三〕 / p0
  • 記憶‐外的直觀と內的直觀〔八四〕-〔八五〕 / p0
  • 意志〔八六〕 / p0
  • 物體の可分性〔八七〕 / p0
  • 時間の概念-絶對的數と絶對的量〔八八〕-〔九五〕 / p0
  • 質料〔九六〕-〔九八〕 / p0
  • 美の概念〔九九〕-〔一〇二〕 / p0
  • 二三の自然哲學的主要問題〔一〇三〕-〔一一〇〕 / p0
  • 敎授法に關するもの、哲學に關するもの〔一一一〕-〔一三九〕 / p0
  • 三、神 / p121
  • 幸福の欲求は生存の基礎形態〔一四〇〕‐〔一四五〕 / p0
  • 神の本質と活動〔一四六〕‐〔一七〇〕 / p0
  • 惡の消極的本質-惡の統制者としての神〔一七一〕‐〔一八四〕 / p0
  • 惡しき意志の本質〔一八五〕 / p0
  • 神と靈魂と平和〔一九三〕 / p0
  • 諸德は皆神に對する關係に根基を有する〔一九四〕‐〔一九七〕 / p0
  • 「用ゐる」と「樂しむ」〔一九八〕‐〔二〇〇〕 / p0
  • 神と信仰〔二〇四〕‐〔二一五〕 / p0
  • 善にはただ神のみがはたらき給ふ-恩寵、自由意志、功績、自由〔二一六〕‐〔二三四〕 / p0
  • 律法と恩寵〔二三五〕‐〔二四五〕 / p0
  • 四、愛 / p167
  • 愛の形而上學〔二四六〕‐〔二七一〕 / p0
  • 愛の諸對象〔二七二〕‐〔二七五〕 / p0
  • 隣人の愛〔二七六〕‐〔二八九〕 / p0
  • 德と愛〔二九〇〕 / p0
  • 僕に對する主の愛〔二九二〕‐〔二九三〕 / p0
  • 五、倫理に關するもの / p185
  • 倫理的基礎問題〔二九四〕‐〔三二六〕 / p0
  • ストア派のアパティアに反對して〔三二七〕‐〔三二八〕 / p0
  • 習慣の恐るべき力〔三二九〕‐〔三三三〕 / p0
  • 倫理的相對論に反對して〔三三四〕 / p0
  • 眞實と虚僞〔三三五〕‐〔三四二〕 / p0
  • 誠實〔三四三〕 / p0
  • 傲慢〔三四四〕‐〔三四五〕 / p0
  • 婚姻等について〔三四八〕‐〔三六〇〕 / p0
  • 殉敎者〔三六一〕 / p0
  • 修道僧に對する批判〔三六二〕‐〔三六九〕 / p0
  • 手職、商業、利得、貧慾〔三七〇〕‐〔三七六〕 / p0
  • 隷屬と服從〔三七七〕‐〔三七八〕 / p0
  • 戰爭の是認〔三七九〕‐〔三八一〕 / p0
  • 現代の荒廢狀態〔三八二〕 / p0
  • 〔三八三〕(演劇)〔五三三〕參照 / p0
  • 六、基督 / p215
  • 罪と原罪〔三八四〕‐〔四〇一〕 / p0
  • 基督〔四〇二〕‐〔四一六〕 / p0
  • 如何に基督ははたらき給ふか〔四一七〕‐〔四三六〕 / p0
  • 聖書〔四三七〕‐〔四五二〕 / p0
  • 祕蹟〔四五三〕‐〔四六一〕 / p0
  • 埋葬〔四六二〕祈り〔四六三〕 / p0
  • 七、敎會と世の國 / p241
  • 人類の敎育〔四六四〕‐〔四六六〕 / p0
  • 天上の國と敎會〔四六七〕‐〔五一三〕-古の哲學者と敎會〔四七六〕‐〔四七九〕 / p0
  • 敎會外に於ける基督敎的なもの〔四七二〕 / p0
  • 〔四八一〕‐〔四八五〕
  • 敎會の世界支配〔四八九〕 / p0
  • 敎會の權威〔四九五〕 / p0
  • 敎會は人類のために支配する〔四九七〕 / p0
  • ペテロと敎會〔四九八〕‐〔五〇〇〕 / p0
  • 僧侶の支配 / p0
  • 僧侶に對する批判〔五〇一〕‐〔五〇四〕
  • 利慾故に敎會から離れることを懼れる〔五〇七〕 / p0
  • 敎會と王侯〔五一二〕 / p0
  • 敎會は强制的權力を有しなければならない〔五一三〕 / p0
  • 國家自體並にその敎會に對する關係〔五一四〕‐〔五四一〕-ローマ人 / p0
  • その憧憬 / p0
  • その地上の平和に對する關心〔五二九〕‐〔五三二〕
  • 〔五三九〕
  • 不信者の國家觀〔五三三〕 / p0
  • 地上の平和と永遠の平和〔五三四〕以下 / p0
  • 防衛の權利 / p0
  • 山上の垂訓の批判〔五三八〕
  • 國家に對して如何なる態度をとるべきか〔五四一〕 / p0
  • 附錄〔五四二〕‐〔五五七〕 / p271
  • 出典 / p275
  • 本書に引用されたアウグスティヌスの著作 / p287
  • 譯者註 / p301
  • 譯者のことば / p307

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 省察と箴言
著作者等 Augustine
Augustine, Saint, Bishop of Hippo
Harnack, Adolf von
服部 英次郎
ハルナック
アウグスティヌス
書名ヨミ セイサツ ト シンゲン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1953
ページ数 308p
大きさ 15cm
ISBN 4003380584
NCID BN00996436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53000958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想