現象学からスコラ学へ

エディット・シュタイン 著 ; 中山善樹 編訳

[目次]

  • 1 フッサールの現象学と聖トマス・アクィナスの哲学、対決の試み
  • 2 現象学の世界観的意義
  • 3 エドムント・フッサールについての二つの考察
  • 4 マルティン・ハイデッガーの実存論的哲学
  • 5 神認識のさまざまな道-ディオニシウス・アレオパギータと彼の象徴神学
  • 付論 エディット・シュタインの歩んだ道(ヴァルトラウト・ヘルプシュトリット)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学からスコラ学へ
著作者等 Stein, Edith
Stein, Edith, Saint
中山 善樹
シュタイン エディット
書名ヨミ ゲンショウガク カラ スコラガク エ
書名別名 Genshogaku kara sukoragaku e
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1986.12
ページ数 343, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4873781523
NCID BN00994929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87014548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想