北原白秋歌集

木俣修 選

詩集『邪宗門』『思ひ出』で鮮烈に世に出た青年詩人は、1913年、第一歌集『桐の花』を刊行する。詩、童謡、民謡など韻文のあらゆるジャンルで数多くの優れた作品を生んだ北原白秋は、短歌の世界でも大きな足跡を残した。晩年の『黒檜』『牡丹の木』まで全歌集12冊から精選。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桐の花
  • 雲母集
  • 雀の卵
  • 観相の秋
  • 風隠集
  • 海阪
  • 白南風
  • 夢殿
  • 渓流唱
  • 黒檜
  • 牡丹の木-「黒檜」以後

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 桐の花 / 5p
  • 雲母集 / 41p
  • 雀の卵 / 69p
  • 觀相の秋 / 111p
  • 風隱集 / 121p
  • 海阪 / 143p
  • 白南風 / 171p
  • 夢殿 / 209p
  • 溪流唱 / 243p
  • 橡 / 261p
  • 黑檜 / 279p
  • 牡丹の木 / 301p
  • 解說(木俣修) / 325p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北原白秋歌集
著作者等 北原 白秋
木俣 修
高野 公彦
書名ヨミ キタハラ ハクシュウ カシュウ
書名別名 Kitahara hakushu kashu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
ページ数 334p
大きさ 15cm
ISBN 4003104846
NCID BA41248281
BN00988700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49008519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想