ダイヤモンド

崎川範行 著

[目次]

  • 1章 ダイヤモンドとは
  • 2章 ダイヤモンドの性質
  • 3章 ダイヤモンドの存在と生成
  • 4章 初期のダイヤモンド合成研究
  • 5章 合成への新しい出発
  • 6章 ダイヤモンドの産出と採取
  • 7章 原石の分類と加工
  • 8章 ダイヤモンドの理化学的処理
  • 9章 模造ダイヤモンド
  • 10章 ダイヤモンドの工業的用途と学術的用途

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 1章 ダイヤモンドとは
  • ダイヤモンドの不思議 / 1
  • 反射率と屈折率 / 2
  • どのくらい硬いか / 3
  • 高い密度 / 5
  • 産出の希少性 / 6
  • 人との出会いは工作用 / 7
  • 研磨技術と宝石の誕生 / 8
  • 南アフリカを掌握 / 9
  • 貨幣的価値とグレード / 10
  • 色調と評価 / 11
  • きずと評価 / 12
  • カットの良否 / 14
  • カラー・ストーン / 14
  • 合成されたダイヤモンド / 15
  • 2章 ダイヤモンドの性質
  • 結晶の形態 / 17
  • ダイヤモンドの固さの原因 / 17
  • トライゴンとは何か / 19
  • 色ダイヤの生成過程 / 21
  • ダイヤモンドの硬さ / 21
  • モースの硬度とビッカース硬度 / 22
  • 劈開性 / 23
  • 切断技術の秘密 / 24
  • カリナンの切断 / 25
  • 屈折率 / 25
  • ブリリアント型と屈折率 / 28
  • 分散性 / 31
  • 蛍光 / 31
  • 青いダイヤの電気伝導性 / 33
  • 放射線着色 / 34
  • ダイヤモンドとエックス線 / 35
  • ダイヤモンドの化学 / 36
  • 燃えるダイヤモンド / 36
  • ラボアジエの実験 / 37
  • 火事とダイヤモンド / 39
  • ダイヤモンドのその他の珍しい性質 / 40
  • 熱伝導性と電気伝導性 / 40
  • 熱伝導の不思議 / 42
  • 熱膨張係数 / 42
  • 耐圧強度 / 43
  • 3章 ダイヤモンドの存在と生成
  • インドの発見 / 44
  • 漂砂鉱床 / 45
  • アフリカのパイプ鉱床 / 46
  • ソ連のパイプ鉱床 / 47
  • キンバーライト / 50
  • 結晶の内包物 / 50
  • 成因説 / 51
  • 炭素源はどこか / 52
  • 地球内部説 / 53
  • ダイヤモンドの生成とキンバーライト / 54
  • パイプ鉱床の形成 / 55
  • 4章 初期のダイヤモンド合成研究
  • 数多い合成研究者 / 58
  • マースデンの研究 / 60
  • ハネーのダイヤモンド合成 / 62
  • ハネーのダイヤの謎 / 63
  • 天然ダイヤか合成ダイヤか / 66
  • ハネーのダイヤの結論 / 67
  • モアッサンのダイヤモンド / 67
  • フッ素の分離とノーベル賞 / 69
  • 高圧をつくる発想 / 70
  • 得られたダイヤモンド / 72
  • モアッサンの誤りの謎 / 73
  • 爆発を利用する / 75
  • パーソンズの研究 / 76
  • 5章 合成への新しい出発
  • ダイヤモンド生成の圧力 / 78
  • ブリッジマンと超高圧 / 80
  • 二〇〇〇度と六万気圧 / 81
  • GE研究所の成功 / 82
  • スウェーデンでの合成 / 83
  • ダイヤモンド生成と触媒 / 84
  • ダイヤモンドの合成過程 / 86
  • 爆発を利用する合成法 / 87
  • 気体からの合成法 / 88
  • 工業用の合成ダイヤモンド / 90
  • 焼結ダイヤモンド / 90
  • 大粒の結晶をつくる / 92
  • 宝石用の合成ダイヤ / 95
  • 六方晶系のダイヤ / 97
  • 6章 ダイヤモンドの産出と採取
  • ダイヤモンド鉱床 / 99
  • インドの鉱床 / 100
  • ブラジルの鉱床 / 102
  • アフリカの鉱床 / 104
  • キンバリー鉱山 / 105
  • ソ連の鉱床 / 107
  • その他のダイヤモンド産地 / 108
  • 採掘と分離 / 109
  • グリース法 / 110
  • 比重液法その他 / 111
  • 漂砂ダイヤモンド / 112
  • 7章 原石の分類と加工
  • ダイヤモンドの分類 / 115
  • 品質評価の基準 / 116
  • 工業用原石 / 117
  • 研磨法 / 118
  • 結晶の切断 / 120
  • ブルーティング / 121
  • 研磨作業 / 123
  • ブリリアント・カット / 123
  • 宝石ダイヤの評価 / 126
  • ブリリアント・カットの特徴 / 127
  • 種々のカット / 131
  • 8章 ダイヤモンドの理化学的処理
  • 色修正と調色 / 136
  • 放射線による変色 / 138
  • 原子炉を使う中性子照射 / 140
  • レーザー光線の応用 / 141
  • 9章 模造ダイヤモンド
  • ファインセラミックと模造ダイヤ / 143
  • ガラスとフレンチダイヤ / 144
  • ルチル / 145
  • チタン酸ストロンチウム / 146
  • YAG / 148
  • GGG / 148
  • キュービックジルコニア / 148
  • その他 / 150
  • 模造の鑑別 / 150
  • 10章 ダイヤモンドの工業的用途と学術的用途
  • 工業用ダイヤモンド / 153
  • ガラス切り / 154
  • ダイヤモンドの線刻針 / 155
  • ベアリング / 156
  • プロフィルメーター / 157
  • 研削工具 / 158
  • 工具用ダイヤの加工 / 160
  • ガラス加工 / 161
  • ボーリング / 162
  • 伸線用ダイス / 164
  • 電気的な穿孔法 / 165
  • 粉末ダイヤモンド / 166
  • 種々の新用途 / 167
  • 小さい膨張係数と摩擦係数 / 169
  • 参考文献 / 170

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ダイヤモンド
著作者等 崎川 範行
書名ヨミ ダイヤモンド
書名別名 Daiyamondo
シリーズ名 共立科学ブックス ; 73
出版元 共立
刊行年月 1986.3
ページ数 170p
大きさ 19cm
ISBN 4320008480
NCID BN00986975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86029756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想