中世イスラム国家とアラブ社会 : イクター制の研究

佐藤次高 著

[目次]

  • 序章 イクター制の起源と歴史
  • 第1部 イクター制成立期のイラク社会(イクター制の成立
  • イラク社会の変容)
  • 第2部 エジプト・シリアのイクター制(アイユーブ朝のイクター制
  • バイバルスのイクター政策
  • イクター制の展開-フサーム検地とナースィル検地を中心に)
  • 第3部 イクター制下のエジプト社会(イスラム社会史への視点-ファイユームの事例から
  • 12〜14世紀のエジプト農村社会と農民
  • マクリーズィーのエジプト社会論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世イスラム国家とアラブ社会 : イクター制の研究
著作者等 佐藤 次高
書名ヨミ チュウセイ イスラム コッカ ト アラブ シャカイ
書名別名 Chusei isuramu kokka to arabu shakai
出版元 山川出版社
刊行年月 1986.9
ページ数 444, 85p
大きさ 22cm
ISBN 463465380X
NCID BN00985815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想