沖縄ノート

大江健三郎 著

米軍の核兵器をふくむ前進基地として、朝鮮戦争からベトナム戦争にいたる持続した戦争の現場に、日本および日本人から放置されつづけてきた沖縄。そこで人びとが進めてきた苦渋にみちたたたかい。沖縄をくり返し訪れることによって、著者は、本土とは何か、日本人とは何かを見つめ、われわれにとっての戦後民主主義を根本的に問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 死者の怒りを共有することによって悼む
  • 1 日本が沖縄に属する
  • 2 『八重山民謡誌』'69
  • 3 多様性にむかって
  • 4 内なる琉球処分
  • 5 苦が世
  • 6 異議申立てを受けつつ
  • 7 戦後世代の持続
  • 8 日本の民衆意識
  • 9 「本土」は実在しない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄ノート
著作者等 大江 健三郎
書名ヨミ オキナワ ノート
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1970
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4004150280
NCID BN00980152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75000541
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想