謀叛論 : 他六篇・日記

徳富健次郎 著 ; 中野好夫 編

明治44年1月、大逆事件被告幸徳秋水ら12名が処刑された。その1週間後、蘆花は招かれて一高の演壇にたち、死刑に処した政府当局を弾劾、精神の「自立自信、自化自発」を高らかに鼓吹する。その講演のほかに、これと密接に関連する「死刑廃すべし」等6篇、また兄蘇峰との確執が窺われる日記を併収。

「BOOKデータベース」より

大逆事件被告の大量処刑の八日後に、抗議の声を上げた蘆花。死刑廃止の信念を説く関連諸篇と、大正三年五・六月の日記抄を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天皇陛下に願ひ奉る
  • 謀叛論(草稿)
  • 眼を開け(要旨速記)
  • 勝利の悲哀
  • 死刑廃すべし
  • 難波大助の処分について
  • 死刑廃止
  • 日記 大正三年五月-六月

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天皇陛下に願ひ奉る
  • 謀叛論(草稿)
  • 眼を開け(要旨速記)
  • 勝利の悲哀
  • 死刑廃すべし
  • 難波大助の処分について
  • 死刑廃止
  • 日記 大正三年五月-六月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謀叛論 : 他六篇・日記
著作者等 中野 好夫
徳富 蘆花
徳冨 健次郎
書名ヨミ ムホンロン
書名別名 Muhonron
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.3
ページ数 130p
大きさ 15cm
ISBN 400310157X
NCID BN00978988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96013503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想