水滸伝  中巻

施耐庵 作 ; 駒田信二 訳

兄を毒殺した西門慶と姦婦潘金蓮に復讐を遂げる武松。陽穀県に鋼刀響き、鮮血流る。

「BOOKデータベース」より

呼延灼の連環馬を破る秘術、鈎鎌鎗。戦い移って大名府北京城下に両軍大激突。

「BOOKデータベース」より

敗戦相次ぐ朝廷は赦免の詔勅を発し、宋江以下梁山泊の百八星、堂々都へ入城。

「BOOKデータベース」より

方臘との戦に多くの仲間を失い、星主宋江も奸臣に毒殺される哀愁の完結篇。

「BOOKデータベース」より

晁蓋、呉用ら七星は北京の長官、梁中書の財宝を奪う。追手を逃がれて一行は梁山泊へ。

「BOOKデータベース」より

梁山泊討伐の大軍、水陸に敗れ、総大将、高〓@42C6も捕らえられ、今や官軍総崩れ。

「BOOKデータベース」より

河北に田虎を討ち、淮西に王慶を滅ぼす。その勢い、まさに万馬奔馳し、千軍踴躍す。

「BOOKデータベース」より

祝家荘を討ち、高唐州を陥して意気上がる梁山泊に、掃蕩の官軍、大挙出動。

「BOOKデータベース」より

遠く江州に流され、処刑場に引かれる宋江。その時、梁山泊の好漢現われ、英雄を救う。

「BOOKデータベース」より

伏魔殿から放たれた百八の魔物、志士に変じて天下に乱を興す。長編英雄豪傑伝の始まり。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第四十一回 宋江 無為軍を智取し 張順 黄文炳を活捉る / 3
  • 第四十二回 還道村に 三巻の天書を受け 宋公明 九天玄女に遇う / 14
  • 第四十三回 仮李逵 剪径して単人を刼かし 黒旋風 沂嶺に四虎を殺す / 24
  • 第四十四回 錦豹子 小径に戴宗と逢い 病関索 長街に石秀と遇う / 37
  • 第四十五回 楊雄 酔って潘巧雲を罵り 石秀 智もて裴如海を殺す / 49
  • 第四十六回 病関索 大いに翠屛山を閙がし 𢬵命三 火もて祝家店を焼く / 63
  • 第四十七回 撲天鵰 双たび生死の書を修め 宋公明 一たび祝家荘を打つ / 73
  • 第四十八回 一丈青 単して王矮虎を捉え 宋公明 両たび祝家荘を打つ / 83
  • 第四十九回 解珍解宝 双んで獄を越れ 孫立孫新 大いに牢を劫かす / 90
  • 第五十回 呉学究 双たび連環の計を掌り 宋公明 三たび祝家荘を打つ / 101
  • 第五十一回 揷翅虎 枷もて白秀英を打ち 美髯公 誤って小衙内を失う / 111
  • 第五十二回 李逵 殷天錫を打ち死し 柴進 高唐州に失陥す / 121
  • 第五十三回 戴宗 智もて公孫勝を取り 李逵 斧もて羅真人を劈る / 130
  • 第五十四回 入雲竜 法を闘わして高廉を破り 黒旋風 穴を探って柴進を救う / 143
  • 第五十五回 高太尉 大いに三路の兵を興し 呼延灼 連環馬を擺べ布く / 152
  • 第五十六回 呉用 時遷を使って甲を盗ましめ 湯隆 徐寧を賺して山に上らしむ / 160
  • 第五十七回 徐寧 鉤鎌鎗を使うを教え 宋江 連環馬を大いに破る / 170
  • 第五十八回 三山 義に聚まって青州を打ち 衆虎 心を同じくして水泊に帰す / 179
  • 第五十九回 呉用 金鈴弔掛を賺り 宋江 西嶽華山を閙がす / 188
  • 第六十回 公孫勝 芒碭山に魔を降し 晁天王 曽頭市にて箭に中る / 198
  • 第六十一回 呉用 智もて玉麒麟を賺し 張順 夜金沙渡を閙がす / 208
  • 第六十二回 冷箭を放って 燕青主を救い 法場を劫かして 石秀楼より跳ぶ / 220
  • 第六十三回 宋江 兵もて北京城を打ち 関勝 議して梁山泊を取らんとす / 235
  • 第六十四回 呼延灼 月夜に関勝を賺し 宋公明 雪天に索超を擒う / 244
  • 第六十五回 托塔天王 夢中に聖を顕わし 浪裏白跳 水上に寃を報ず / 252
  • 第六十六回 時遷 火もて翠雲楼を焼き 呉用 智もて大名府を取る / 261
  • 第六十七回 宋江 馬歩の三軍を賞し 関勝 水火の二将を降す / 268
  • 第六十八回 宋公明 夜曽頭市を打ち 盧俊義 史文恭を活捉る / 278
  • 第六十九回 東平府 誤って九紋竜を陥れ 宋公明 義もて双鎗将を識る / 287
  • 第七十回 没羽箭 石を飛ばして英雄を打ち 宋公明 糧を棄てて壮士を擒にす / 294
  • 第七十一回 忠義堂に 石碣天文を受け 梁山泊に 英雄座次に排ぶ / 301
  • 第七十二回 柴進 花を簪して禁院に入り 李逵 元夜に東京を閙がす / 311
  • 第七十三回 黒旋風 喬って鬼を捉え 梁山泊に 双べて頭を献ず / 321
  • 第七十四回 燕青 智もて擎天柱を撲ち 李逵 寿張にて喬って衙に坐す / 331
  • 第七十五回 活閻羅 船を倒にして御酒を偸み 黒旋風 詔を扯いて欽差を罵る / 342
  • 第七十六回 呉加亮 四斗五方の旗を布き 宋公明 九宮八卦の陣を排ぬ / 349
  • 第七十七回 梁山泊 十面に埋伏し 宋公明 両たび童貫に贏つ / 361
  • 第七十八回 十節度 梁山泊を取るを議し 宋公明 一たび高太尉を敗る / 369
  • 第七十九回 劉唐 火を放って戦船を焼き宋江 両たび高太尉を敗る / 376
  • 第八十回 張順 鑿って海鰍船を漏らし 宋江 三たび高太尉を敗る / 385

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 水滸伝
著作者等 施 耐庵
駒田 信二
書名ヨミ スイコデン
書名別名 Suikoden
巻冊次 中巻
出版元 平凡社
刊行年月 昭和37
ページ数 3冊
大きさ 23cm
ISBN 4582326110
NCID BN00978037
BN02431836
BN05958922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63002288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想