ベル・カント唱法 : その原理と実践

コーネリウス・L.リード 著 ; 渡部東吾 訳

声楽の指導者、そして声楽家を志す人へ。現代の発声訓練が抱えている課題の解決を求めて、いま蘇るベル・カントの歌唱様式!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベル・カントの歴史背景
  • 第2章 発声指導の初期の歴史
  • 第3章 ベル・カントの理想
  • 第4章 ベル・カントの基礎原理
  • 第5章 メンタル・コンセプト
  • 第6章 声区
  • 第7章 音階練習と練習曲
  • 第8章ヴィブラート、トレモロ、揺れ声
  • 第9章 呼吸
  • 第10章 ベル・カントの衰退
  • 第11章 "科学"対昔からの伝統

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベル・カント唱法 : その原理と実践
著作者等 Reid, Cornelius L
渡部 東吾
リード コーネリウス・L.
書名ヨミ ベル カント ショウホウ
書名別名 Bel canto:principles and practices

Beru kanto shoho
出版元 音楽之友社
刊行年月 1987.1
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4276142539
NCID BN00976858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想