王維詩集

小川環樹, 都留春雄, 入谷仙介 選訳

中国詩史の黄金時代盛唐において李白・杜甫と鼎立する王維は、諸才にあふれ、画をよくし、音楽の造詣も深い博学多芸の文化人として知られる。その作風は平静淡白、絵画的描写にすぐれ、常に田園の美をうたって自然詩の世界を創造完成した。文庫版のために選ばれた110首を新訳と懇切な注釈により紹介する。

「BOOKデータベース」より

中国詩史の黄金時代盛唐において李白・杜甫と鼎立する王維は、諸才にあふれ、画をよくし、音楽の造詣も深い博学多芸の文化人として知られる。その作風は平静淡白、絵画的描写にすぐれ、常に田園の美をうたって自然詩の世界を創造完成した。文庫版のために選ばれた110首を新訳と懇切な注釈により紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新唐書王維伝
  • 王縉 王右丞集を進むる表
  • 双黄鵠の歌 別れを送る
  • 徐中書に贈る 終南山を望む歌
  • 友人の山に帰るを送る歌二首(うち一首)
  • 隴頭吟
  • 燕支行
  • 勅して百官に桜桃を賜う
  • 勅して岐王に九成宮を借し避暑せしむ 応教〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王維詩集
著作者等 入谷 仙介
小川 環樹
王 維
都留 春雄
書名ヨミ オウ イ シシュウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1972
ページ数 288p
大きさ 15cm
ISBN 4003200314
NCID BN00973124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75027657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想