酵素応用のはなし

軽部征夫 著

わが国のバイオテクノロジーはまさに酵素工学から始まったといっても過言ではない。現在酵素は食品工業、医薬品工業、化学工業、環境関連分野に利用されている。一方酵素の全く新しい応用も始まっている。すでに酵素応用に関する優れた成書は多く出版されているが、応用を工学的側面からまとめたものが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 酵素とは
  • 第2章 酵素を固定化する
  • 第3章バイオリアクター
  • 第4章 酵素と医療
  • 第5章 バイオエレクトロニクス
  • 第6章 エネルギー・資源生産に応用する
  • 第7章 環境への応用
  • 第8章 プロテインエンジニアリング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 酵素応用のはなし
著作者等 軽部 征夫
書名ヨミ コウソ オウヨウ ノ ハナシ
書名別名 Koso oyo no hanashi
シリーズ名 Science and technology
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 1986.12
ページ数 170p
大きさ 19cm
ISBN 4526021245
NCID BN0097202X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想