戦後日本工作機械工業の構造分析

吉田三千雄 著

[目次]

  • 〔序〕一国の再生産=循環における工作機械工業の意義
  • 〔1〕 戦後日本工作機械工業の画期区分と「戦後構造構築期」
  • 〔2〕 「高度成長1期」〔1956〜62年〕
  • 〔3〕 「高度成長2期」〔1966〜70年〕
  • 〔4〕 日本工作機械工業の「戦後段階的特質」
  • 〔5〕 「合理化・輸出拡張期」〔1976〜81年〕
  • 〔6〕 「83年不況期」〔1982〜83年〕
  • 〔7〕 補論1 日本工作機械工業の「戦前段階」
  • 〔8〕 補論2 「メカトロニクス化」進展の中小・零細企業への影響

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 一国の再生産=循環における工作機械工業の意義
  • 1 戦後日本工作機械工業の画期区分と「戦後構造構築期」
  • 2 「高度成長1期」〔1956〜62年〕-工作機械工業の「急構築」
  • 3 「高度成長2期」〔1966〜70年〕-日本工作機械工業の「戦後段階」の確立
  • 4 日本工作機械工業の「戦後段階的特質」-「強大さ」と「脆弱性」の同居
  • 5 「合理化・輸出拡張期」〔1976〜81年〕-日本工作機械工業の世界市場進出と新たな「矛盾」の招来
  • 6 「83年不況期」〔1982〜83年〕-「矛盾」の顕在化
  • 補論1 日本工作機械工業の「戦前段階」-戦時期「工作機械事業法」下における生産力段階と蓄積構造の特質について
  • 補論2 「メカトロニクス化」進展の中小・零細企業への影響-新たな「階層構造」の創出と中小・零細企業の存立要因の変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本工作機械工業の構造分析
著作者等 吉田 三千雄
書名ヨミ センゴ ニホン コウサク キカイ コウギョウ ノ コウゾウ ブンセキ
出版元 未来社
刊行年月 1986.6
ページ数 273p
大きさ 22cm
NCID BN00968543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86042933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想