家庭内暴力

若林慎一郎, 本城秀次 著

児童が家庭で親その他の家族構成員に暴力を振るう現象は、日本独特のものとみなされているが、その原因は本人、家族、社会、教育と多岐にわたる。本書は児童臨床で伝統ある名古屋大学の精神科医が10年に及ぶ臨床経験を投入した、初の本格的な家庭内暴力の臨床指導書である。児童精神医学の体系内に家庭内暴力を位置づけ、治療と予防の要諦を示す待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家庭内暴力とは
  • 第2章 家庭内暴力の実態
  • 第3章 家庭内暴力の病因的背景
  • 第4章 家庭内暴力の精神病理
  • 第5章 家庭内暴力の治療
  • 第6章 予防的対応

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家庭内暴力
著作者等 本城 秀次
若林 慎一郎
書名ヨミ カテイナイ ボウリョク
出版元 金剛
刊行年月 1987.2
ページ数 148p
大きさ 22cm
ISBN 4772402535
NCID BN00963095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87021269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想