音楽家の社会史 : 19世紀ヨーロッパの音楽生活

西原稔 著

革命と動乱の間に奇妙な安定を見せていた19世紀のヨーロッパ社会の中で、音楽はまた新しい時代を迎えた。理想を、名声を、そして日々の糧を求めて苦闘した音楽家たちの姿を、当時の風俗や社会状況を通して描き出し、音楽と社会とのかかわりに新しい光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人ごみの中の音楽家(音楽家のデビュー
  • 旅をする音楽家
  • 音楽家の生活
  • 楽長になるには
  • 商いをする音楽家)
  • 第2部 金メッキのシャンデリアの下で(音楽家の時間割
  • 都市の夜は長く
  • 演奏会場のもう一つの楽しみ
  • ごたまぜのプログラム
  • 音楽の経済学)
  • 第3部 ジャーナリズムの中の音楽家(批評にふり回される音楽家
  • 音楽新聞紙上掲示板
  • 著作権をめぐる闘い-ベートーヴェンとフンメル
  • 批評家ベルリオーズと音楽の桃源郷
  • リストと音楽家の社会救済
  • シューマンとペリシテ人との闘い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽家の社会史 : 19世紀ヨーロッパの音楽生活
著作者等 西原 稔
書名ヨミ オンガクカ ノ シャカイシ
シリーズ名 音楽選書 52
出版元 音楽之友社
刊行年月 1987.3
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4276370523
NCID BN0096192X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87025013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想