量子力学の数学的基礎

J.V.ノイマン 著 ; 井上健, 広重徹, 恒藤敏彦 共訳

[目次]

  • 目次
  • 序 湯川秀樹
  • 序 彌永昌吉
  • 序論 / p1
  • I. 序論的考察 / p5
  • 1. 変換理論の成立 / p5
  • 2. 最子力学の最初の定式化 / p6
  • 3. 両理論の同等性:変換理論 / p13
  • 4. 両理論の同等性:ヒルベルト空間 / p21
  • II. 抽象ヒルベルト空間の一般論 / p27
  • 1. H.R.の定義 / p27
  • 2. H.R.の幾何学 / p35
  • 3. 条件A.-E.についての補論 / p46
  • 4. 閉じた線型多様体 / p56
  • 5. ヒルベルト空間の作用素 / p72
  • 6. 固有値問題 / p83
  • 7. 続き / p86
  • 8. 固有値問題への予備的考察 / p95
  • 9. 固有値問題の解とその一意性 / p114
  • 10. 交換可能な作用素 / p135
  • 11. スプール / p143
  • III. 量子力学の統計 / p159
  • 1. 量子力学の統計的命題 / p159
  • 2. 統計的解釈 / p166
  • 3. 同時測定の可能性および測定可能性一般 / p169
  • 4. 不確定性関係 / p185
  • 5. 命題としての射影作用素 / p198
  • 6. 輻射の理論 / p204
  • IV. 理論の演繹的構成 / p236
  • 1. 統計的理論の原理的基礎づけ / p236
  • 2. 統計的公式の証明 / p250
  • 3. 測定結果から導かれる集団 / p263
  • V. 一般的考察 / p278
  • 1. 測定と可逆性 / p278
  • 2. 熱力学的考察 / p286
  • 3. 可逆性および平衡の問題 / p303
  • 4. 巨視的観測 / p317
  • VI. 測定の過程 / p332
  • 1. 問題の定式化 / p332
  • 2. 合成系 / p335
  • 3. 測定過程の分析 / p346
  • 訳者あとがき / p353
  • 人名索引 / p355
  • 事項索引 / p357

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 量子力学の数学的基礎
著作者等 Neumann, Johann Ludwig von
Von Neumann, John
井上 健
広重 徹
恒藤 敏彦
J.V.ノイマン
書名ヨミ リョウシ リキガク ノ スウガクテキ キソ
出版元 みすず書房
刊行年月 1957
ページ数 358p
大きさ 22cm
ISBN 4622025094
NCID BN0095773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57012631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想