無機化学 : -その概念とモデルー  下

B.E.Douglas, D.H.McDaniel 著 ; 新村陽一, 日高人才 訳

[目次]

  • 目次
  • 7. ハロゲン / p275
  • 7・1 概略 / p275
  • 7・2 産出 / p277
  • 7・3 元素の製法 / p278
  • 7・4 ハロゲン化水素 / p279
  • 7・5 ハロゲンの反応 / p280
  • 7・6 ハロゲンの酸素酸と酸素酸イオン / p305
  • 参考書 / p311
  • 問題 / p312
  • 8. 電子欠損化合物 / p314
  • 8・1 水素化ホウ素 / p314
  • 8・2 その他の電子欠損分子 / p325
  • 8・3 水素化ホウ素の反応ならびに構造と反応の関連性 / p325
  • 8・4 ホウ水素化物と水素化リチウムアルミニウム / p338
  • 8・5 ホウ化物 / p343
  • 参考書 / p344
  • 問題 / p345
  • 9. 金属 / p346
  • 9・1 原子価結合法による取扱い / p346
  • 9・2 金属の帯構造理論 / p353
  • 9・3 金属間化合物 / p356
  • 9・4 金属のつくる侵入型化合物 / p359
  • 9・5 諸金属間の周期的な関係のいろいろ / p362
  • 9・6 遷移金属の諸傾向の比較 / p391
  • 参考書 / p404
  • 問題 / p405
  • 10. 配位化合物I.構造と結合 / p409
  • 10・1 序論 / p409
  • 10・2 配位化合物における結合 / p414
  • 10・3 配位子場理論(結晶場理論) / p427
  • 10・4 分子オービタル理論による取扱い / p437
  • 10・5 配位化合物の幾何配置と異性現象 / p441
  • 10・6 π結合錯体 / p464
  • 参考書 / p474
  • 問題 / p475
  • 11. 配位化合物II.安定度と反応機構 / p478
  • 11・1 配位化合物の安定度に影響するファクター / p478
  • 11・2 置換反応の速度と機構 / p492
  • 参考書 / p513
  • 問題 / p514
  • 12. 化合物の構造と結合の解明に用いられる実験的方法 / p516
  • 12・1 X線結晶学 / p516
  • 12・2 中性子回折 / p524
  • 12・3 電子線回折 / p526
  • 12・4 電気双極子モーメント / p528
  • 12・5 磁気的性質 / p532
  • 12・6 吸収分光学 / p545
  • 12・7 迅速反応の研究方法 / p558
  • 参考書 / p561
  • 問題 / p564
  • 問題解答 / p567
  • 索引 / p579

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 無機化学 : -その概念とモデルー
著作者等 Douglas, Bodie Eugene
McDaniel, Darl Hamilton
新村 陽一
日高 人才
D.H.McDaniel
B.E.Douglas
書名ヨミ ムキ カガク
巻冊次
出版元 東京化学同人
刊行年月 1969
ページ数 594p
大きさ 22cm
NCID BN00955133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69021681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想