情報化社会の行政改革

島恭彦 ほか編

日本社会はいま、《情報化》と《行政改革》の進行のもとで、企業や行政や地域社会の姿を大きく変貌させつつある。本書は、《情報化》と《行政改革》の流れの交錯に着目して、経済社会の構造転換の実相とそのゆくえを追究し、《行政改革》をめぐる真の争点を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 情報社会化と「行政改革」
  • 第1部 日本資本主義の「構造転換」としての「行政改革」
  • 第2部 官僚機構の成長と行財政の硬直化
  • 第3部 地方行財政の再編成と「民間活力」
  • 終章 地域づくりと財政民主主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報化社会の行政改革
著作者等 島 恭彦
池上 惇
重森 暁
書名ヨミ ジョウホウカ シャカイ ノ ギョウセイ カイカク
出版元 青木書店
刊行年月 1986.4
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 4250860094
NCID BN00953047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86033311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想