雪と氷の世界から

樋口敬二 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • I 天然雪-天から送られた手紙 / 1
  • ウズホール・コンファレンス / 2
  • 達筆の手紙 / 8
  • 雪はちらばる / 16
  • 読むことの意味 / 20
  • 手紙の系譜 / 25
  • II 人工雪-誕生の地に記念碑 / 27
  • 雪のふるさと / 28
  • 先駆的な実験施設 / 31
  • 雪の記念館 / 34
  • III 飛行機雲-人がつくる雪の雲 / 39
  • 日本中の空に / 40
  • 最初の飛行機雲 / 42
  • 飛行機雲を消す / 45
  • 飛行機雲の影 / 49
  • IV 氷晶-極地に降る四角い雪 / 55
  • 南極と日本 / 56
  • 新しい結晶 / 59
  • ポイント・バロー / 64
  • 四角い結晶 / 69
  • 雪の伝統 / 70
  • V 氷晶核-宇宙起源の降雨説 / 75
  • ボーエン・デイ / 76
  • 流星塵氷晶核 / 80
  • 成層圏の塵 / 85
  • 史上最大の気象実験 / 88
  • 氷が氷を / 92
  • 仮説のゆくえ / 98
  • VI 雨滴-先はとがっていない / 101
  • 雨つぶのかたち / 102
  • 雨滴の写真撮影 / 104
  • 涙形の雨 / 107
  • どこでも涙形 / 109
  • 雨滴の神話 / 111
  • VII 円盤結晶-水が凍るとき / 117
  • まるい結晶 / 118
  • シベリアの氷から / 120
  • 影を撮る / 122
  • 影の映画も / 126
  • 円盤結晶を見た人びと / 128
  • VIII チンダル像-氷中に水の六花 / 133
  • 氷の器 / 134
  • 水の六花 / 137
  • 結晶軸をきめる / 141
  • 十字の模様 / 143
  • IX エッチ・ピット-氷は孔も六角 / 149
  • 氷の空像 / 150
  • 氷と金属 / 154
  • エッチ・ピットの発見 / 157
  • お釈迦さまの手のひら / 166
  • X 永久凍土-富士山の盲点 / 169
  • 凍る富士山頂 / 170
  • 雪氷学界の盲点 / 171
  • 火口の稜線一帯に / 174
  • 遺物の冷凍保存 / 176
  • ハワイにも / 178
  • ヤクーツク永久凍土会議 / 180
  • 山岳凍土の仲間 / 183
  • ピンゴとアラス / 186
  • XI 氷河-できるか、人工氷河 / 193
  • 氷河の質量収支 / 194
  • 雪のピラミッドを / 198
  • 雪渓のしきい値 / 205
  • できた人工氷河 / 210
  • 渾沌のおそれ / 216
  • あとがき / 219

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雪と氷の世界から
著作者等 樋口 敬二
書名ヨミ ユキ ト コオリ ノ セカイ カラ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1985.2
ページ数 221p
大きさ 18cm
NCID BN00950581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85033872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想