水と人の環境史 : 琵琶湖報告書

鳥越皓之, 嘉田由紀子 編

魚が死ぬ…。ひとは何を得んがために何を失わなければならなかったのか。水に対する意識構造の変化を湖岸の生活史に探る、「方法としての環境史」。

「BOOKデータベース」より

魚が死ぬ…。ひとは何を得んがために何を失わなければならなかったのか。水に対する意識構造の変化を湖岸の生活史に探る、<方法としての環境史>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 琵琶湖のイメージ-蛇女房・目の玉型考
  • 第1章 水と村-琵琶湖治水史
  • 第2章 水界と漁撈-農民と漁民の環境利用の変遷
  • 第3章 漁場相論-簗の漁業史
  • 第4章 浜の開発-村主導の開発をめぐる二つの論理
  • 第5章 川と水道-水と社会の変動
  • 第6章 水利用の変化と水のイメージ-湖岸域の水利用調査より
  • 第7章 川と井戸と湖-湖岸集落の伝統的用排水
  • 第8章 生活排水のゆくえ-湖岸部の下水道問題
  • 補遺 琵琶湖の人工島・矢橋帰帆島
  • 補論 方法としての環境史

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 琵琶湖のイメージ-蛇女房・目の玉型考
  • 第1章 水と村-琵琶湖水史
  • 第2章 水界と漁撈-農民と漁民の環境利用の変遷
  • 第3章 漁場相論-簗の漁業史
  • 第4章 浜の開発-村主導の開発をめぐる2つの論理
  • 第5章 川と水道-水と社会の変動
  • 第6章 水利用の変化と水のイメージ-湖岸域の水利用調査より
  • 第7章 川と井戸の湖-湖岸集落の伝統的用排水
  • 第8章 生活排水のゆくえ-湖岸部の下水道問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水と人の環境史 : 琵琶湖報告書
著作者等 嘉田 由紀子
鳥越 皓之
書名ヨミ ミズ ト ヒト ノ カンキョウシ
書名別名 Mizu to hito no kankyoshi
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1984.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4275013492
NCID BN00949888
BN03896981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85011905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想