沖積平野

井関弘太郎 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 1. 沖積平野ということば / 1
  • 1.1 沖積平野 / 1
  • 1.2 沖積世 / 2
  • 1.3 完新世 / 6
  • 2. 沖積世始期の海面 / 12
  • 2.1 氷河性海面変動(glacial eustasy) / 14
  • 2.2 低位海面の地形的証拠 / 16
  • 3. 沖積層下底面の地形 / 21
  • 3.1 東京下町低地の場合 / 21
  • 3.2 多摩川三角州平野の場合 / 24
  • 3.3 相模川沖積平野の場合 / 24
  • 3.4 濃尾平野の場合 / 25
  • 4. 埋没谷底面と沖積層基底礫層 / 29
  • 4.1 沖積層基底礫層の生成条件 / 29
  • 4.2 基底礫層からみた最終氷期の最低位海面 / 36
  • 4.3 低位海面の証拠と影響 / 40
  • 4.4 沖積扇状地と沖積層基底礫層(広義) / 43
  • 5. 沖積層(その1) / 49
  • 5.1 沖積層の層序 / 49
  • 5.2 沖積下部砂層(砂泥層) / 52
  • 6. 縄文海進 / 59
  • 6.1 海面の変動経過 / 59
  • 6.2 縄文海進高頂期の海面 / 65
  • 7. 沖積層(その2・完新統) / 71
  • 7.1 沖積中部泥層 / 71
  • 7.2 沖積上部砂層 / 78
  • 8. 3,000~2,000年B.P.ごろの小海退 / 92
  • 8.1 日本の海岸砂丘とクロスナ層 / 92
  • 8.2 埋積浅谷 / 99
  • 9. 4~12世紀の海面小上昇と平野の海岸線 / 107
  • 10. 自然堤防の発達 / 115
  • 10.1 自然堤防の発達と考古学的資料 / 115
  • 10.2 地中海沿岸地域における歴史時代の河成堆積 / 119
  • 11. 沖積平野研究の諸問題 -むすびにかえて / 126
  • 11.1 沖積層および沖積平野面の変位 / 126
  • 11.2 地震災害と沖積層および平野地形 / 129
  • 11.3 埋没波食台と土地利用計画 / 137
  • 11.4 沖積層厚(とくに中部泥層厚)と地盤沈下 / 138
  • 事項索引 / 143

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沖積平野
著作者等 井関 弘太郎
書名ヨミ チュウセキ ヘイヤ
書名別名 Chuseki heiya
シリーズ名 UPアース・サイエンス ; 12
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1983.5
ページ数 145p
大きさ 19cm
ISBN 4130650629
NCID BN00948138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83038560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想