日本動物民俗誌

中村禎里 著

我われが形づくっている個々の動物のイメージは、また動物と動物との間の関係概念は、何に由来し、どのような特徴をもっているのであろうか-。ここに、十二支を中心としたなじみ深い動物24項目を、昔話や説話の中からそれぞれ描きあげる。そして、動物の大小、人との遠近、信仰との関係など、いくつかの観点から日本人の動物観を要約・結論づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サル
  • キツネ
  • トリ
  • シカ
  • イヌ
  • タヌキ
  • イノシシ
  • ムシ
  • ネズミ
  • オオカミ
  • ウシ
  • クマ
  • ネコ
  • サカナ
  • ウサギ
  • カニ
  • トカゲ
  • イタチ
  • ヘビ
  • カエル
  • ウマ
  • カワウソ
  • カモシカ
  • クモ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本動物民俗誌
著作者等 中村 禎里
書名ヨミ ニホン ドウブツ ミンゾクシ
書名別名 Nihon dobutsu minzokushi
出版元 海鳴社
刊行年月 1987.2
ページ数 228p
大きさ 20cm
NCID BN0094556X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87023625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想