現代生物学大系  第11巻 a

金谷晴夫 [ほか] 編集

監修: 沼野井春雄;参考文献: p385~391

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • はじめに / p1
  • インダクション1(配偶子形成と受精) / p1の前
  • インダクション2(卵割) / p125の前
  • インダクション3(組織分化と器官形成) / p199の前
  • 1.配偶子形成と受精
  • I. 概説 金谷晴夫 / p1
  • II. 配偶子形成 / p5
  • A. 卵形成 片桐千明 / p5
  • B. 精子形成 野田善郎 / p16
  • III. 受精 / p34
  • A. 概説 金谷晴夫 / p34
  • B. 単細胞生物における受精 樋渡宏一 北村昭夫 / p35
  • C. 海産無脊椎動物の受精(節足動物を除く) 椙山正雄 / p47
  • D. 節足動物の受精 関口晃一 / p60
  • E. 魚類の受精 山本喜一郎 / p68
  • F. 両生類の受精 片桐千明 / p78
  • G. ハ虫類・鳥類の受精 片桐千明 / p87
  • H. ホ乳類の受精 野田善郎 / p89
  • IV. 人工受精と避妊 森沢正昭 毛利秀雄 / p104
  • V. 無性生殖 野田幸一 / p115
  • A. 腔腸動物 / p116
  • B. 原索動物(尾索類) / p120
  • 2. 卵割
  • I. 概説 平本幸男 / p125
  • II. 卵割の形式 小嶋学 / p127
  • A. 割球配置から見た卵割形式 / p127
  • B. 卵の大きさ・卵黄量から見た卵割形式 / p131
  • C. 胞胚の形成 / p135
  • D. 極体放出 / p136
  • E. 極葉形成 / p136
  • F. 卵割形式の決定要因 / p138
  • III. 卵細胞の分裂機構 平本幸男 / p142
  • IV. 卵割の生化学 柳澤冨雄 / p160
  • A. 透過性の変化 / p160
  • B. エネルギー代謝 / p161
  • C. 代謝プール / p164
  • D. 卵割期のDNA合成 / p166
  • E. 遺伝子の活性化とその調節 / p169
  • V. 卵割の発生学的意義 / p182
  • 3. 組織分化と器官形成
  • I. 概説 / p199
  • II. 胚発生 / p206
  • A. 無脊椎動物 / p206
  • B. 脊椎動物 / p294
  • III. 形態形成運動 波磨忠雄 / p347
  • IV. 誘導 川上泉 / p359
  • V. オーガナイザー(形成体) 浅島誠 中村治 / p370
  • プレートI(卵形成) / p10とp11の間
  • プレートII(精子形成) / p10とp11の間
  • プレートIII(精巣内の精子) / p18とp19の間
  • プレートIV(精巣を欠く動物の精子形成) / p18とp19の間
  • プレートV(先体のない精子の変態) / p18とp19の間
  • プレートVI(種々の動物の精子) / p18とp19の間
  • プレートVII(ホヤの発生) / p288とp289の間
  • プレートVIII(マウスの初期発生) / p338とp339の間
  • プレートIX((ラット胚着床過程の微細構造) / p338とp339の間
  • 実験プレート(オーガナイザーの実験--胚発生の機構を求めて) / p370とp371の間
  • 参考文献 / p385
  • 和文索引 / p392
  • 欧文索引 / p399
  • 挿図索引 / p402

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代生物学大系
著作者等 江上 信雄
金谷 晴夫
書名ヨミ ゲンダイ セイブツガク タイケイ
書名別名 発生・分化. A
巻冊次 第11巻 a
出版元 中山書店
刊行年月 1980.5
ページ数 406p
大きさ 27cm
ISBN 4521121330
4521121225
NCID BN0094092X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80024963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
発生・分化. A 金谷晴夫 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想