海洋学講座  11

多賀信夫編

[目次]

  • 第11巻
  • 目次
  • 0章 展望-海洋微生物学の歴史と将来(多賀信夫) / 1
  • 0・1 海洋における微生物研究の発展 / 2
  • 0・2 海洋微生物学の今後の課題 / 3
  • 1章 海洋微生物の生理学的特性 / 7
  • 1・1 海洋細菌の塩分要求(丸山芳治) / 7
  • 1・1・1 海水の塩分と微生物 / 7
  • 1・1・2 海洋微生物の塩分要求性 / 8
  • 1・1・3 細菌細胞に対する塩類の作用 / 10
  • 1・1・4 酵素系に対する影響 / 12
  • 1・1・5 まとめ / 14
  • 1・2 海洋細菌の低温性(石田祐三郎) / 16
  • 1・2・1 緒言 / 16
  • 1・2・2 低温細菌の特性 / 19
  • 1・2・3 低温細菌と海洋環境との関係 / 28
  • 1・3 海洋細菌の好圧性と耐圧性(多賀信夫・丸山芳治) / 34
  • 1・3・1 深海における細菌の存在とその耐圧性 / 34
  • 1・3・2 種々の細菌の増殖におよぼす水圧の影響 / 36
  • 1・3・3 生化学的活性におよぼす水圧の影響 / 40
  • 2章 海洋微生物の分類と生態 / 45
  • 2・1 海洋細菌の分類(清水潮) / 45
  • 2・1・1 細菌分類の方法の現況 / 45
  • 2・1・2 海洋細菌の系統分類と同定 / 49
  • 2・1・3 海水環境に見られる主要な従属栄養細菌 / 51
  • 2・2 海水菌類の分類と分布 (椿啓介) / 65
  • 2・2・1 研究史 / 66
  • 2・2・2 海水菌類の定義,生態および培養 / 67
  • 2・2・3 各論 / 69
  • 2・3 海洋バクテリオファージ (日高富男) / 81
  • 2・3・1 海洋バクテリオファージの分布 / 83
  • 2・3・2 海洋バクテリオファージの採集 / 84
  • 2・3・3 海洋バクテリオファージの性状 / 85
  • 2・4 魚介類の病原菌 (江草周三) / 89
  • 2・4・1 Vibrio / 90
  • 2・4・2 Mycobacteria / 94
  • 2・4・3 Nocardia / 95
  • 2・4・4 Pasteurella piscicidaと養殖ハマチの類結節症菌 / 96
  • 2・4・5 Achromobacter / 98
  • 2・4・6 Myxobacteria / 98
  • 2・4・7 Leucothrix / 98
  • 2・4・8 Gaffkya homari / 99
  • 2・4・9 キチン分解菌 / 100
  • 2・5 腸炎ビブリオ (坂井稔) / 106
  • 2・5・1 腸炎ビブリオ研究の経緯 / 106
  • 2・5・2 腸炎ビブリオの定義 / 118
  • 2・5・3 海洋細菌学からみた腸炎ビブリオ / 119
  • 2・6 海洋細菌の分布と生態 (多賀信夫) / 127
  • 2・6・1 従属栄養細菌の量的分布 / 127
  • 2・6・2 海洋細菌と他の生物との生態的相互関係 / 140
  • 2・6・3 海洋環境における従属栄養細菌のフローラ / 144
  • 2・6・4 海洋における細菌の増殖過程と細菌のバイオマス / 146
  • 3章 海洋の物質サイクルにおける微生物の役割 / 153
  • 3・1 有機物の分解と微生物との関連 (門田元・奥谷康一) / 153
  • 3・1・1 有機物の分解過程における微生物の役割 / 153
  • 3・1・2 有機物の分解に関与する微生物 / 155
  • 3・1・3 地球化学的側面からみた有機物の分解 / 162
  • 3・2 窒素サイクルと微生物との関連 (河合章・吉田陽一・丸山芳治) / 169
  • 3・2・1 硝酸化成過程 / 170
  • 3・2・2 硝酸塩還元過程 / 174
  • 3・2・3 種々の海域における細菌群の分布 / 177
  • 3・2・4 窒素固定 / 179
  • 3・3 硫黄サイクルと微生物との関連 (畑幸彦) / 187
  • 3・3・1 海洋における硫黄循環のあらまし / 188
  • 3・3・2 有機硫黄化合物の変換 / 189
  • 3・3・3 硫酸塩の還元 / 190
  • 3・3・4 硫黄化合物の酸化 / 199
  • 3・4 発育因子(ビタミン)と微生物との関連 (大和田紘一) / 204
  • 3・4・1 植物プランクトンのビタミン要求 / 204
  • 3・4・2 海水中のビタミン測定法 / 207
  • 3・4・3 分布ならびに季節変化 / 209
  • 3・4・4 ビタミンの生産・消費 / 212
  • 3・4・5 ビタミンの生態学的意義 / 216
  • 索引 / 223

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海洋学講座
著作者等 多賀 信夫
書名ヨミ カイヨウガク コウザ
書名別名 海洋微生物

Kaiyogaku koza
巻冊次 11
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1974
ページ数 230p
大きさ 27cm
NCID BN00936616
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69016503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
海洋微生物 多賀信夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想