大気の科学 : 新しい気象の考え方

小倉義光 著

[目次]

  • 目次
  • 大気のすがた / p11
  • 対流圏と成層圏 / p11
  • 気圧と高さ / p14
  • 貿易風と偏西風 / p17
  • ジェット気流 / p20
  • 梅雨とジェット気流 / p25
  • 大規模な運動とコリオリの力 / p29
  • 地上風 / p33
  • ジェット気流と前線 / p35
  • 成層圏の突然昇温 / p36
  • 熱帯成層圏の風は約一年ごとに変わる / p38
  • 低気圧の実体を求めて / p43
  • 「あらしの本質は人智のおよぶところにあらず」 / p43
  • フランクリンの疑問 / p44
  • 最初のてがかり / p46
  • 温帯低気圧は二つの気流からなる / p49
  • ノルウェー学派の見た低気圧の一生 / p54
  • 天気の変化を計算する / p61
  • 明日の天気 / p61
  • リチャードソンの夢 / p64
  • 大空を探る / p68
  • 偏西風の波動 / p72
  • 温帯低気圧の発達のしくみ / p75
  • 温帯低気圧のエネルギー源 / p79
  • 高速電子計算機登場す / p81
  • 最初の数値予報 / p84
  • モデルの改良 / p87
  • 気象庁電子計算機室 / p90
  • 天気予報はなぜ当たらないか / p93
  • 大気の熱経済 / p97
  • 万物をはぐくむ太陽 / p97
  • 気象衛星がとる夜間の雲の写真 / p99
  • 「地球は青かった…」 / p102
  • 太陽光線のゆくえ / p104
  • 温室が暖かいわけ / p106
  • 大気と地面との熱のやりとり / p110
  • 水蒸気にひそむ熱 / p113
  • 地球をめぐる風--大気の大循環 / p115
  • 世界の空は一つ / p115
  • 赤道から極へ輸送される熱 / p120
  • 南北鉛直断面内の三つの循環 / p123
  • 大気大循環の新しい観点 / p127
  • 大気大循環の模型実験 / p132
  • 計算機による大気大循環の再現 / p135
  • 大気大循環のシミュレーションの発展 / p139
  • 数値実験のおもしろさ / p144
  • 大気を監視する目 / p149
  • 宇宙からの気象観測 / p149
  • 実験用気象衛星ニンバス / p153
  • 現業用気象衛星エッサ / p157
  • 応用技術衛星(ATS) / p164
  • 水平探測気球 / p166
  • 地球大気開発計画と世界気象監視 / p169
  • 気象ロケット / p177
  • 台風 / p181
  • おそるべき台風 / p181
  • 対流をともなった巨大な渦巻 / p185
  • 台風のもつ莫大なエネルギー / p187
  • 水蒸気が台風をやしなう / p190
  • らせん状の雲とホット・タワー / p193
  • 台風の移動 / p197
  • 大気の安定・不安定 / p200
  • 一触即発の熱帯大気 / p204
  • 第一回攻撃の失敗 / p205
  • その反省と再挙 / p207
  • 台風発達のしくみ / p209
  • 偏東風の波動 / p214
  • 台風の発生 / p216
  • 熱帯収束帯 / p218

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大気の科学 : 新しい気象の考え方
著作者等 小倉 義光
書名ヨミ タイキ ノ カガク : アタラシイ キショウ ノ カンガエカタ
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1968
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4140010762
NCID BN00935963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68014347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想