戦史  上

トゥーキュディデース 著 ; 久保正彰 訳

ペロポネーソス戦争は、古代ギリシア世界始まって以来の大規模な戦争であった。その渦中にあったトゥーキュディデースは、動乱の全過程を克明に記録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻1 序説(一‐二三)予断(一)、考古学(二‐二〇)、方法叙説(二一‐二二)、今次大戦の規模ならびにその遠因、近因(二三)(エピダムノスをめぐるケルキューラとコリントスの紛争
  • ケルキューラ、コリントス両国使節アテーナイに来たる
  • ケルキューラ沖海戦
  • ポテイダイアの変 ほか)
  • 巻2(テーバイ勢、プラタイア奪取のこころみ
  • ペロポネーソス同盟、アテーナイ側同盟の各々の成員と戦備
  • ペロポネーソス同盟軍、コリントス地峡地帯に集結
  • アルキダーモスの演説 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次(カッコ内のヒラ数字は本文の章をあらわす) / p3
  • 解題 / p9
  • 巻一 / p55
  • 序説(一-二三) / p55
  • エピダムノスをめぐるケルキューラとコリントスの紛争(二四-三〇) / p77
  • ケルキューラ、コリントス両国使節アテーナイに来たる(三一-四五) / p84
  • ケルキューラ沖海戦(四六-五五) / p98
  • ポテイダイアの変(五六-六六) / p107
  • ラケダイモーンにおけるペロポネーソス同盟非公式会議開催(六七-八八) / p115
  • アテーナイ興隆の歴史(〝五十年史〟)(八九-一一八) / p136
  • ラケダイモーンにおけるペロポネーソス同盟公式会議(一一九-一二五) / p161
  • ラケダイモーン、アテーナイ両国間の外交的な前哨戦(一二六-一三八) / p167
  • ペリクレースの演説(一四〇-一四四) / p183
  • 巻二(B.C.四三一春-四二八春) / p193
  • テーバイ勢、プラタイア奪取のこころみ(二-六) / p193
  • ペロポネーソス同盟、アテーナイ側同盟の各々の成員と戦備(七-九) / p199
  • ペロポネーソス同盟軍、コリントス地峡地帯に集結(一〇) / p202
  • アルキダーモスの演説(一一) / p202
  • アテーナイへの最後通牒(一二) / p204
  • ペリクレース、アテーナイ側の戦備と作戦を説明(一三) / p205
  • アテーナイの歴史(一四-一六) / p207
  • アテーナイ市内の戦時態勢(一七) / p210
  • ペロポネーソス同盟軍の作戦(一八-二三) / p211
  • アテーナイ側の作戦(二三-二八) / p216
  • アテーナイ、トラーキア王シータルケースと同盟を結ぶ(二九) / p219
  • アテーナイ勢大軍を率いてメガラに進攻(三一) / p221
  • コリントス勢北西ギリシアに出兵(三三) / p222
  • アテーナイ戦没者の国葬(三四-四七) / p223
  • ペロポネーソス同盟軍、第二次アッティカ侵攻(四七、五五) / p234
  • アテーナイの疫病(四七-五四) / p234
  • アテーナイ船隊、ペロポネーソス沿岸諸地を攻撃(五六) / p242
  • ハグノーンの兵士ら疫病に斃る(五八) / p243
  • アテーナイ人の士気鈍る、ペリクレースの最後の演説(五九-六四) / p244
  • 政治家ペリクレースとその識見(六五) / p251
  • ペロポネーソス船隊、ザキュントスを攻撃(六六) / p254
  • ペロポネーソス側、ペルシア王との密約を試みて失敗(六七) / p254
  • アムプラキア人とアムピロキア人の動勢(六八) / p256
  • ポルミオーン、ナウパクトスに赴きコリント湾を哨戒(六九) / p257
  • ポテイダイアの降伏(七〇) / p258
  • プラタイア攻防戦(七一-七八) / p259
  • スパルトーロスの戦(七九) / p267
  • 北西ギリシアの異民族の動勢、ストラトスの戦(八〇-八二) / p269
  • アテーナイ船隊、ペロポネーソス船隊を撃破(八三-八四) / p273
  • 第二回海戦(八五-九二) / p275
  • ペロポネーソス船隊サラミースを奇襲攻撃(九三-九四) / p285
  • シータルケースのマケドニア攻撃(九五-一〇一) / p287
  • ポルミオーン、アカルナーニア内陸地に兵を進める(一〇二) / p296
  • ポルミオーン、アテーナイに帰る(一〇三) / p297
  • 年表(新石器時代-四二八春) / p299
  • 訳者注 / p329
  • 附図
  • A ギリシア総図 / p54
  • B ケルキューラ附近および北西部ギリシア諸邦 / p76
  • C ポテイダイアと北東部ギリシア諸邦 / p106
  • D アテーナイとペイライエウス / p192

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦史
著作者等 Thoukydides
Thucydides
久保 正彰
トゥーキュディデース
書名ヨミ センシ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1966
ページ数 407p
大きさ 15cm
ISBN 4003340612
NCID BN00931226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66002569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想