無理数と極限

小松勇作 著

本書は、解析学の基本概念である極限の演算が行なわれる場としての実数の体系が有理数系をもとにしてどのように構成されるか、実数系という場で極限の理論がどのように展開されるかについて、くわしく解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有理数
  • 第2章 無理数論
  • 第3章 ベキと対数
  • 第4章 数列の極限
  • 第5章 数列の特殊形式
  • 付録 超越数

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無理数と極限
著作者等 小松 勇作
書名ヨミ ムリスウ ト キョクゲン
書名別名 Murisu to kyokugen
出版元 共立
刊行年月 2009.5
版表示 復刊.
ページ数 207p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-320-01884-6
NCID BA90052989
BN00928050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21602384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想