狩猟

直良信夫 著

[目次]

  • もくじ
  • はしがき
  • 地質時代の区分と人類文化期 / p2
  • 旧石器時代 / p3
  • 人類をとりまく自然の環境 / p8
  • 植物化石 / p12
  • 哺乳動物化石 / p13
  • 遺跡が語る事実 / p15
  • 松ヶ枝洞窟 / p15
  • 明石海岸の青粘土層 / p17
  • 葛生原人の生活 / p18
  • 明石原人の出土地 / p20
  • オオツノジカの時代 / p21
  • 牛川原人の周辺 / p23
  • タカノス沢の洞窟 / p25
  • 三ヶ日人の暮らし / p26
  • 琉球列島の洪積世人類 / p28
  • 花泉発掘の骨器 / p30
  • 大分県聖獄洞窟の人骨 / p32
  • 神庭半洞窟人 / p33
  • 浜北人の生活 / p34
  • 中石器時代 / p41
  • 新石器時代 / p50
  • 縄文式文化期の生活環境 / p52
  • 狩猟されていた動物 / p53
  • 狩猟に使われた道具類 / p82
  • 縄文式文化期の弓 / p93
  • 狩猟法 / p94
  • 海猟 / p123
  • 被猟動物の処理 / p127
  • 猟犬について / p131
  • 動物土偶 / p135
  • 新石器時代の馬 / p138
  • 祭事について / p140
  • 弥生式文化の時代 / p144
  • 水稲農業技術の伝来 / p144
  • 営業生活の展開 / p147
  • 生業の発展と文化 / p149
  • 生活環境と住宅 / p152
  • 狩猟用の器具類 / p157
  • 弓について / p160
  • 被猟動物の種類 / p161
  • 狩猟のしかた / p163
  • 献呈 / p169
  • 古墳時代-土師と須恵器の文化 / p173
  • 生活の舞台 / p175
  • 被猟動物と猟の仕方 / p178
  • 猟具の改良 / p187
  • 馬と犬 / p191
  • 埴輪の鳥と獣 / p195
  • 家畜と家禽 / p198
  • 海獣への関心 / p199
  • 鷹狩り / p200
  • 奈良時代 / p204
  • 鳥黐のこと / p206
  • 鷹匠 / p208
  • 捕鯨猟 / p212
  • 奈良時代の弓と矢 / p218
  • 平安時代以後 / p222
  • 鉄砲伝来 / p228
  • 鷹狩り再生 / p229
  • 生類憐れみの布告 / p232
  • 捕鯨の興隆 / p234
  • またぎの話 / p235
  • 猪垣 / p238
  • 陥し穴 / p239
  • 煙硝づくり / p241
  • 魔除け / p242
  • 強いものへの憧憬 / p247
  • 毛皮商人と頭骨売り / p248
  • 現代の狩猟 / p249
  • 結び / p254
  • 参考文献 / p259

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 狩猟
著作者等 直良 信夫
書名ヨミ シュリョウ
書名別名 Shuryo
シリーズ名 ものと人間の文化史
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1968
ページ数 260p 図版 表
大きさ 20cm
ISBN 4588200216
NCID BN00926099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68006283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想