純粋理性批判  上

カント 著 ; 天野貞祐 訳

イギリスの哲学者ヒュームの示唆をうけて、先験的観念論をうちたてた『純粋理性批判』は、『実践理性批判』『判断力批判』とならぶ、カント(一七二四‐一八〇四)三大批判書の一つで、これら「批判哲学」の基礎に相当する、著者の理論の代表的労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 先験的原理論(先験的感性論(空間について
  • 時間について)
  • 先験的論理学(先験的論理学の構想
  • 先験的分析論))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 純粋理性批判
著作者等 Kant, Immanuel
天野 貞祐
有福 孝岳
篠田 英雄
カント
書名ヨミ ジュンスイ リセイ ヒハン
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 大正11
ページ数 371p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4003362535
NCID BA52789771
BN00925562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43037905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想