道徳形而上学原論

カント 著 ; 篠田英雄 訳

「我が上なる星空と我が内なる道徳律」に限りなき思いを寄せたカント(1724‐1804)が、善と悪、自由意志、自律、義務、人格と人間性など倫理学の根本問題を簡潔平易に論ずる。彼の倫理学上の主著『実践理性批判』への序論をなし、カント倫理学のみならず、またカント哲学全般にたいする最も手ごろな入門書ともなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 道徳に関する普通の理性認識から哲学的な理性認識への移り行き
  • 第2章 通俗的な道徳哲学から道徳形而上学への移り行き(道徳性の最高原理としての意志の自律
  • 道徳性のあらゆる偽の原理の源泉としての意志の他律
  • 他律を道徳性の根本概念と想定した場合にこの概念から生じ得るすべての原理の分類)
  • 第3章 道徳形而上学から純酔実践理性批判への移り行き(自由の概念は意志の自律を解明する鍵である
  • 自由はすべての理性的存在者の意志の特性として前提されねばならない
  • 道徳性の諸理念に付帯する関心について
  • 定言的命法はどうして可能か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳形而上学原論
著作者等 Kant, Immanuel
篠田 英雄
カント
書名ヨミ ドウトク ケイジジョウガク ゲンロン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1976
版表示 改訳.
ページ数 189, 6p
大きさ 15cm
ISBN 4003362519
NCID BN0092456X
BN01534458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
74009160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想