地方史研究必携

地方史研究協議会 編

[目次]

  • 目次
  • 序章 地方史硏究の意義と方法 / p1
  • 第1章 原始時代地方史の硏究 / p10
  • 問題點と資料 / p10
  • 第2章 古代地方史の硏究 / p48
  • 1.古代地方史硏究の方法 / p48
  • 2.律令國家の機構 / p52
  • 3.地方行政制度(國郡里及び國衙) / p54
  • 4.篠里制の概要と遺構の分布 / p56
  • 5.諸生產の狀態 / p61
  • 6.村落の日常生活 / p64
  • 7.神社と寺院 / p67
  • 第3章 中世地方史の硏究 / p88
  • 1.中世地方史硏究の方法 / p88
  • 2.鎌倉・室町幕府の機構 / p92
  • 3.諸國の守護 / p94
  • 4.莊園の構造 / p100
  • 5.土豪の屋敷地と城郭 / p106
  • 6.農業と農村の狀態 / p108
  • 7.諸國の特產物 / p112
  • 8.市場と座 / p114
  • 9.都市と交通 / p117
  • 10.土一揆 / p122
  • 11.本地垂迹關係 / p126
  • 12.中世寺院の發展 / p128
  • 第4章 近世地方史の硏究 / p130
  • 1.近世地方史硏究の方法 / p130
  • 2.江戶幕府の機構 / p139
  • 3.大名一覽 / p140
  • 4.郡代(代官)・奉行一覽 / p144
  • 5.農業の發達 / p147
  • 6.貢租の種類 / p150
  • 7.諸國特產物一覽 / p153
  • 8.米價の變動 / p157
  • 9.貨幣制度と金融機關 / p160
  • 10.文通の發達 / p169
  • 11.百姓一揆 / p172
  • 12.幕末維新志士の出身地 / p174
  • 第5章 近代地方史の硏究 / p180
  • 1.近代地方史硏究の方法 / p180
  • 2.府縣藩の變遷 / p183
  • 3.地方行政と地方自治 / p193
  • 4.地租改正 / p197
  • 5.自由民權運動 / p201
  • 6.初期國會と政黨 / p204
  • 7.軍事史の問題 / p210
  • 8.農民運動 / p211
  • 9.勞動運動 / p214
  • 10.產業の近代化 / p216
  • 11.人口 / p230
  • 12.敎育と宗敎の問題 / p232
  • 13.報道・通信 / p236
  • 14.交通 / p238
  • 附 漁村史の方法 / p242
  • 第6章 現代の歷史的位置 / p245
  • 附篇
  • 1. 建築・彫刻 / p268
  • 2. 曆法 / p297
  • 3. 時刻法 / p299
  • 4.度量衡 / p301
  • 5. 異字・略字及び特殊な讀方の文字 / p305
  • 6. 名數表 / p306
  • 7. 民俗調査項目 / p309
  • 8. 江戶時代編簒地誌目錄 / p315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地方史研究必携
著作者等 服部 謙太郎
児玉 幸多
和歌森 太郎
地方史研究協議会
塙 遼一
大石 慎三郎
宇野 脩平
岡山 泰四
島田 次郎
杉山 博
松本 新八郎
林 基
桜井 徳太郎
永原 慶二
江坂 輝弥
笠原 一男
速水 融
野村 兼太郎
高村 象平
書名ヨミ チホウシ ケンキュウ ヒッケイ
シリーズ名 岩波全書 ; 第171
出版元 岩波書店
刊行年月 1952
ページ数 316p
大きさ 18cm
NCID BN00923239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52006236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想