一外交官の見た明治維新  上

アーネスト・サトウ 著 ; 坂田精一 訳

風雲急をつげる幕末・維新の政情の中で、生麦事件等の血腥い事件や条約勅許問題等の困難な紛争を身をもって体験したイギリスの青年外交官アーネスト・サトウ(1843‐1929)の回想録。二度まで実戦に参加して砲煙弾雨の中をくぐり、また攘夷の白刃にねらわれて危うく難をまぬかれたサトウの体験記は、歴史の地膚をじかに感じさせる維新史の貴重な史料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸在勤の通訳生を拝命(一八六一年)
  • 横浜の官民社会(一八六二年)
  • 日本の政情
  • 条約、排外精神、外国人殺害
  • リチャードソンの殺害、日本語の研究
  • 公用の江戸訪問
  • 賠償金の要求、日本人の鎖港提議、賠償金の支払い(一八六三年)
  • 鹿児島の砲撃
  • 下関、準備行動
  • 下関、海軍の行動
  • 下関、長州との講和締結
  • バードとボールドウィンの殺害
  • 天皇の条約批准
  • 横浜の大火
  • 鹿児島および宇和島訪問
  • 最初の大坂訪問
  • 大君の外国諸公使引見
  • 陸路、大坂から江戸へ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 訳者の言葉
  • 序文
  • 第一章 江戸在勤の通訳生を拝命(一八六一年) / p13
  • 第二章 横浜の官民社会(一八六二年) / p20
  • 第三章 日本の政情 / p35
  • 第四章 条約、排外精神、外国人殺害 / p48
  • 第五章 リチャードソンの殺害、日本語の研究 / p58
  • 第六章 公用の江戸訪問 / p73
  • 第七章 賠償金の要求、日本人の鎖港提議、賠償金の支払い(一八六三年) / p88
  • 第八章 鹿児島の砲撃 / p104
  • 第九章 下関、準備行動 / p115
  • 第一〇章 下関、海軍の行動 / p124
  • 第一一章 下関、長州との講和締結 / p141
  • 第一二章 バードとボールドウィンの殺害 / p164
  • 第一三章 天皇の条約批准 / p173
  • 第一四章 横浜の大火 / p193
  • 第一五章 鹿児島および宇和島訪問 / p207
  • 第一六章 最初の大坂訪問 / p233
  • 第一七章 大君の外国諸公使引見 / p246
  • 第一八章 陸路、大坂から江戸へ / p260

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 一外交官の見た明治維新
著作者等 Satow, Ernest Mason
Satow, Ernest Mason, Sir
坂田 精一
サトウ アーネスト
アーネスト・サトウ
書名ヨミ イチ ガイコウカン ノ ミタ メイジ イシン
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1960
ページ数 290p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4003342518
NCID BN00921798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60013216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想