新過疎時代

河北新報社編集局 編

地方に向かっていたはずの人口が、再び地方から流出する気配が濃厚だ。とりわけ、地方都市の不振が際立ち、60年の国勢調査によると、東北では64都市のうち、20市で人口が減った。昭和50年代を私たちは「地方の時代」と呼んだ。都会からのUターンが相次ぎ、地方都市を中心に据えた定住の場づくりが各地で構想された。その地方都市が振るわないのはなぜか。人口の動向は、ひと昔前に終わりを告げたはずの、過疎時代の再来さえ予感させる。東京圏一点集中と地域間格差拡大のなかで、地方圏に忍び寄る停滞・衰退という、底深く不気味な潮流を新しい時代の流れとして鋭く検証!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 衰退する地方都市(止まらぬ若者の流出
  • 幹線交通への遠い距離
  • 行政改革で消える出先機関
  • 過疎化と相関する高齢化
  • 活発化するUターン募集
  • 低下するUターン率)
  • 第2部 深まる農山村の危機(思い出の土地での最後の語らい
  • 消えていく村の商店街の灯
  • 土地にしがみつく老人たち
  • 共同体意識が過疎化の歯止め)
  • 第3部 中国地方の流出と集中(街のなかにある無残な廃屋
  • 足りない若い労働力の補充
  • 人口流出で森林化する耕地)
  • 第4部 東京圏一点集中と東北(過密を克服し始めた東京
  • 不気味さをもつ東京圏の拡大
  • 機能が集中する世界都市東京
  • 町の活性化に高まる交流
  • 心要となってきた主体性発揮)
  • 第5部 座談会 地域開発の視点(河辺宏
  • 四柳修
  • 大内秀明
  • 渥美重幸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新過疎時代
著作者等 河北新報社
河北新報社編集局
書名ヨミ シン カソ ジダイ
出版元 ぎょうせい
刊行年月 1986.12
ページ数 266p
大きさ 19cm
ISBN 4324006466
NCID BN00921776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87015032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想