憲法と政治制度

宮沢俊義 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 議会制の理論と実態
  • 議会制の凋落 / p3
  • 議会の効用の推移 / p19
  • 議会制の生理と病理 / p33
  • 一 問題 / p33
  • 二 議会制の本質的原理 / p35
  • 三 議会制の前提 / p40
  • 四 議会制の「危機」 / p47
  • 五 議会制の病理的徴候 / p51
  • 六 むすび / p54
  • 議院内閣制のイギリス型とフランス型-比較法的考察- / p57
  • 解散の法理 / p81
  • 外交に対する民主的統制-「外交の民主化」の法律的考察- / p91
  • 議院の国政調査権と司法権の独立 / p103
  • はしがき / p103
  • 一 問題 / p104
  • 二 日本国憲法第六二条の法意 / p104
  • 三 日本国憲法第六二条の「国政」の意味 / p106
  • 四 議院の国政調査権と司法権の独立 / p108
  • 五 司法権の独立を侵す調査 / p109
  • 六 一般的省察 / p113
  • 第二部 フランス憲法と議会制
  • シャトオブリヤンの議院制の理論 / p119
  • 一 序説 / p119
  • 二 シャルトによる君主制 / p123
  • 三 議院制の諸原理 / p135
  • 四 政治的背景 / p139
  • 五 自由と伝統 / p142
  • プレヴォ・パラドルの議会思想 / p151
  • フランス第四共和制憲法について / p167
  • フランスの第五共和制憲法について / p203
  • 一 アルジェのクーデター / p203
  • 二 ドゴール政府成立の意味 / p205
  • 三 ドゴールの憲法思想-その消極面 / p207
  • 四 ドゴールの憲法思想-その積極面 / p209
  • 五 新憲法のレフェレンダム / p212
  • 六 人権宣言 / p214
  • 七 共同体 / p216
  • 八 執行権の強化 / p220
  • 九 立法権の弱化 / p225
  • 一〇 憲法評議会 / p227
  • 一一 むすび / p229
  • フランスにおける大統領制の効用 / p231
  • フランスと大統領制 / p231
  • ユトピア的大統領制から科学的大統領制へ / p233
  • 執行権強化の傾向 / p234
  • 国民代表の新しい条件 / p236
  • 西方民主制の二つの型 / p238
  • 直接民主制の諸形式 / p240
  • 政府の首長の地位 / p243
  • 議会との関係 / p247
  • 替えの案(古い案) / p250
  • 替えの案(一九五八年の案) / p251
  • 替えの案(自動的解散と立法期制) / p253
  • 大統領制への不信 / p256
  • むすび / p258
  • 第三部 政党と選挙
  • 憲法と政党 / p263
  • 政党国家から政党独裁政へ-政党の繁栄とその没落- / p271
  • 比例代表制について / p289
  • 一 わが国における比例代表制の論議 / p289
  • 二 ドイツにおける比例代表制の論議 / p293
  • 三 むすび / p302
  • 婦人と政治 / p303
  • 繰上補充について / p321
  • 選挙法における住所について / p345
  • 選挙制度をどう改めるか-ひとつの提案- / p353
  • ひとつの提案 / p353
  • 現行制度のどこが悪いか / p354
  • 小選挙区はどうか / p356
  • 比例代表はどうか / p360
  • 比例代表の加味はどうか / p363
  • わたしの案のねらい / p364
  • 効能書 / p367
  • わたしの案に対する批判 / p368
  • おわりに / p372
  • あとがき / p375
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 憲法と政治制度
著作者等 宮沢 俊義
書名ヨミ ケンポウ ト セイジ セイド
書名別名 Kenpo to seiji seido
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
ページ数 377p
大きさ 22cm
NCID BN0092065X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68002760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想