二一世紀への知的戦略 : 情報・技術・生命と倫理

加藤尚武 著

バイオテクノロジーや医療などで急速に開発が進んでいる生命操作に関する技術開発は、生と死における人間の条件に大きく変更をせまる倫理的な事件である。本書は、現代技術をもたらした<近代知のパラダイム>の検討を通して、<技術と倫理の対話>の必要を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パラダイム論と情報科学(パラダイム相対主義批判
  • デカルト中心史観の吟味-ポストモダニズムへの疑問
  • 人工知能と人間の精神)
  • 2 教育における自由と強制(教育ヒューマニズム批判
  • パターナリズム・ジャスティフィケイション・アイデンティティ
  • やわらかい自由論)
  • 3 哲学の言葉と戦略(哲学の言葉と自己関係性
  • 哲学にとって体系とは何か
  • ダブルバインドと西田哲学)
  • 4 歴史とイデオロギー(類型論とイデオロギー
  • 解釈学と歴史哲学
  • ノジックの政治哲学)
  • 5 エントロピー論とバイオエシックス(エントロピーと生活世界
  • 男女産み分けのバイオエシックス
  • 安全性の構造転換
  • バイオエシックスと世代間倫理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二一世紀への知的戦略 : 情報・技術・生命と倫理
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ ニジュウイッセイキ エノ チテキ センリャク
書名別名 Nijuisseiki eno chiteki senryaku
出版元 筑摩書房
刊行年月 1987.3
ページ数 320p
大きさ 20cm
ISBN 4480841741
NCID BN00920037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87031761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想