憲法と条約

高野雄一 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 問題の焦点-国会の条約締結手続参加を中心として- / p3
  • 第二章 条約の締結と憲法-条約の成立に関する国際法及び国内法上の要件- / p15
  • 第一節 条約の成立と国際法 / p16
  • 一 実質的要件 / p16
  • 二 手続的要件 / p18
  • 第二節 条約の成立と国内法(憲法)-国家の条約締結行為- / p24
  • 一 条約締結権者 / p27
  • 二 条約の締結に対する国会の承認 / p39
  • 第三章 条約の効力と憲法 / p75
  • 第一節 条約の締結手続(憲法)の充足とその成立(効力-国際法)との関係 / p75
  • 第二節 条約の国内的効力 / p91
  • 一 条約の成立とその国内的効力 / p91
  • 二 セルフ・エキュゼキューティングな条約と国内的効力 / p97
  • 三 国内的効力の問題点 / p108
  • 四 国際法と国内法の一元論・二元論、或は国際法優位論に関連して / p111
  • 第四章 条約の国内的効力の承認 / p114
  • 第一節 条約の国内的効力を認めない憲法体制 / p118
  • 第二節 条約に国内的効力を認める憲法体制 / p124
  • 一 行政権による条約の締結に国会の承認を要件としない国の場合-日本の旧憲法を中心として- / p126
  • 二 行政権による条約の締結に国会の承認を要件とする国の場合-日本の新憲法を含む多くの国の憲法について- / p134
  • 三 条約に国内的効力を認める場合の問題点 / p150
  • 第三節 日本の新憲法 / p153
  • 第五章 条約に認められる国内的効力の位置 / p167
  • 第一節 条約の国内的効力の位置に関する一般理論 / p167
  • 第二節 条約の国内的効力の位置と憲法秩序 / p174
  • 一 「法律」と同一の国内的効力を認める憲法秩序 / p175
  • 二 憲法(及び法律)と同一乃至それに優越する国内的効力を認める憲法秩序 / p179
  • 三 法律に優越する国内的効力を認める憲法秩序 / p184
  • 第三節 日本国憲法の場合 / p194
  • 一 憲法をも含む国内法に対する優位か / p195
  • 二 憲法に対する優位の否定-法律と同一の国内的効力か / p198
  • 三 法律と同一の効力も認められないか / p200
  • 四 条約と国内的効力の妥当な位置づけ / p202
  • 五 条約の国内的効力と裁判所の法令審査権 / p215
  • むすび / p225
  • 第六章 (附章一) 超憲法的条約をめぐるフランス公法学者の論争 / p228
  • 第一節 ヨーロッパ防衛共同体条約とフランス / p228
  • 一 はしがき / p228
  • 二 ヨーロッパ防衛共同体と西ヨーロッパ連合 / p230
  • 三 条約と憲法 / p236
  • 第二節 超憲法的条約の締結をめぐるフランス公法学者の論争 / p247
  • 一 ヨーロッパ防衛共同体に関する六人の公法教授の意見書 / p247
  • 二 「共同体」(CED)に反対する軍馬-この批准法案は違憲である-に対して / p267
  • 三 ヨーロッパ防衛共同体と「憲法」 / p273
  • 第七章 (附章二) 最高裁判における憲法・安保条約の二側面 / p285
  • 一 裁判の二側面とその相互の関連 / p285
  • 二 判決における条約に対する司法審査権 / p288
  • 三 条約に対する司法審査権に関する「補足意見」及び「意見」 / p290
  • 四 条約に対する司法審査権批判 / p293
  • 五 判決における安保条約に対する実質的違憲審査 / p299
  • 附録
  • 一 各国憲法関連規定 / p309
  • 二 砂川事件に関すめ最高裁判及び東京地方裁判所判決 / p324
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 憲法と条約
著作者等 高野 雄一
書名ヨミ ケンポウ ト ジョウヤク
シリーズ名 東大社会科学研究叢書 ; 第1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1960
ページ数 373p
大きさ 22cm
NCID BN00916222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60010139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想