ユートピアだより

ウィリアム・モリス 作 ; 松村達雄 訳

目覚めるとそこは二十二世紀のロンドン-緑かがやき、水は澄み、「仕事が喜びで、喜びが仕事になっているくらし」。社会主義者・美術工芸家モリス(一八三四‐九六)の実践と批判、理想と希望が紡ぐ物語。ユートピアの風を伝える清新な訳文に充実した訳注を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 討論と寝床 / p7
  • 第二章 朝の水浴 / p11
  • 第三章 宿舎と朝食 / p25
  • 第四章 途中の市場 / p43
  • 第五章 路傍の子供たち / p49
  • 第六章 いささかの買物 / p63
  • 第七章 トラファルガー広場 / p77
  • 第八章 年とった友だち / p92
  • 第九章 恋愛について / p99
  • 第十章 質疑応答 / p119
  • 第十一章 政府について / p141
  • 第十二章 生活上の取りきめについて / p150
  • 第十三章 政治に関して / p160
  • 第十四章 事はいかに処理されているか / p161
  • 第十五章 共産社会には労働への刺激が欠けていることについて / p171
  • 第十六章 ブルームズベリ市場会館の午餐 / p185
  • 第十七章 変化はいかにして訪れたか / p193
  • 第十八章 新生活の始まり / p235
  • 第十九章 ハマースミスへの帰り道 / p244
  • 第二十章 ハマースミスの宿舎再訪 / p254
  • 第二十一章 テムズ川をさかのぼって / p257
  • 第二十二章 ハンプトン・コートと過去の礼讃者 / p262
  • 第二十三章 ラニミードの早朝 / p279
  • 第二十四章 テムズ川をさかのぼって、第二日 / p289
  • 第二十五章 テムズ川の第三日 / p304
  • 第二十六章 頑固な拒絶者たち / p311
  • 第二十七章 テムズ川の上流 / p320
  • 第二十八章 小さな川 / p337
  • 第二十九章 テムズ川上流の休息所 / p344
  • 第三十章 旅の終り / p352
  • 第三十一章 新しい人びとと古い邸 / p362
  • 第三十二章 会食の開始-結び / p371
  • 解説 / p381

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ユートピアだより
著作者等 Morris, William
川端 康雄
松村 達雄
モリス ウィリアム
ウィリアム・モリス
書名ヨミ ユートピア ダヨリ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
ページ数 392p 図版
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-359031-7
NCID BB13216830
BN00915591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68011148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想