ドイツ・イデオロギー

マルクス, エンゲルス 著 ; 古在由重 訳

近代化へと身悶えするドイツで、「近代」の夢と失望を哲学的に先取りしたヘーゲル左派。その運動を自己批判を込めて総括した若きマルクスとエンゲルスは、本書で「近代」のパラダイムを超える世界観を定礎した。定評ある広松渉編訳・新編輯版にその後の研究成果を反映させ、豊富な訳註を加えた、文庫決定版。

「BOOKデータベース」より

附録: ヘーゲルおよびフオイエルバハへの自分の関係についてのマルクス 他5篇

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 譯者序文 / p3
  • ドイツ・イデオロギー フォイエルバハ、B・バウアーおよびシュティルナーを代表者たちとする最近のドイツ哲學の、そして種々の豫言者たちにあらわれたドイツ社會主義の批判 / p13
  • 序文 / p15
  • I フォイエルバハ 唯物論的な見かたと觀念論的な見かたとの對立 / p17
  • A イデオロギー一般、ことにドイツの / p21
  • 〔1〕 歷史 / p34
  • 〔2〕 意識の生產について / p50
  • 〔B イデオロギーの現實的土臺〕 / p73
  • 〔1〕 交通と生產力 / p73
  • 〔2〕 所有にたいする國家および法の關係 / p92
  • 〔3 自然成長的および文明化された生產用具と所有形態〕 / p98
  • 〔C〕 共產主義。-交通形態そのものの生產 / p108
  • 異文(抄錄) / p121
  • II 聖ブルーノおよび III 聖マクスからの抄錄 / p141
  • 附錄 / p229
  • 〔ヘーゲルおよびフォイエルバハへの自分の關係についてのマルクス〕 / p231
  • 〔市民社會と共產主義革命〕 / p232
  • 〔フォイエルバハについてのマルクス〕 / p234
  • 〔『I フォイエルバハ』から〕 / p239
  • 〔フォイエルバハについてのエンゲルス〕 / p243
  • 〔『聖家族』の著者たちに反對する聖ブルーノ〕 / p248
  • 譯註 / p255
  • 解說 / p267
  • 人名索引
  • 事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ・イデオロギー
著作者等 Engels, Friedrich
Marx, Karl
古在 由重
エンゲルス
小林 昌人
広松 渉
マルクス
書名ヨミ ドイツ イデオロギー
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1956
版表示 新編輯版
ページ数 281, 15p
大きさ 15cm
ISBN 4003412435
NCID BN00914238
BN02002873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56004239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想